真木よう子&事務所“契約トラブル”報道に困惑 今月中旬にマネジメント契約は満了

1月30日(火)21時37分 オリコン

真木よう子 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 女優の真木よう子(35)が、今月中旬に所属事務所・フライングボックスとのマネジメント契約を満了した。30日に事務所公式サイトで発表された。

 同件においては、一部報道にて「待遇面・金銭トラブル」などと報じられているが、サイトでは「事実に反する部分が多く大変困惑しております。弊社としては、今日まで誠心誠意マネージメント業務を行ってきたと考えております」とし「契約更新にあたり、今後の活動について、真木よう子本人との考え、方向性の相違から協議の末、契約満了という結論に至りました」と明かした。

 続けて「これまでパートナーという関係の中で長年を過ごしたうえで、双方とも納得しこの日を迎えました」とし「現在契約中の広告および出演予定の映画の仕事については、引き続き弊社が責任を持ってマネージメントを担当させていただきます。期間満了以降の活動につきましては、本人より未定との報告を受けておりますので、改めてご報告させていただく事になるかと存じます」と伝えた。

 最後は「関係者及び応援してくださっている皆様には多大なご心配をおかけし、また、ご報告が遅くなってしまったことを心よりお詫び申し上げます。今後も真木よう子へのご支援、ご声援の程よろしくお願い申し上げます」と記している。

オリコン

「真木よう子」をもっと詳しく

「真木よう子」のニュース

BIGLOBE
トップへ