テレ東『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』今春放送決定 敵のボス役に遠藤憲一

1月30日(火)17時47分 オリコン

小さな身体で大きな意気込みを語るマジマジョピュアーズ!(左から)隅谷百花、三好佑季、鶴屋美咲 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 テレビ東京系などで放送中の女児向け特撮ドラマ『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』(毎週日曜 前10:30)に続く「ガールズ×ヒロイン」シリーズ第2弾として、『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』を今春から放送することが30日、都内で行われた制作記者発表会で発表された。

 会見ではキャスト陣も公開され、愛乃モモカ役の三好佑季、白雪リン役の隅谷百花、花守ミツキ役の鶴屋美咲、敵キャラ邪魔邪魔団メンバー・ムリ太郎役の栗原類、第1話でバレエの先生役としてゲスト出演する南明奈が出席した。

 本作品でデビューする三好は「オーディションに選ばれた時、夢のようで信じられなかったですが、うれしかったです。マジマジョピュアーズとして、成長していく姿に注目してほしい」とアピールした。

 また、南と栗原は芝居で初共演。台本を読んだという南は「類くんの役がテンション高めで、どうなるのだろう。類くんできるのかな」と心配すると、栗原は「できますよ」とキッパリ。「ムリ太郎は栗原類と正反対のキャラクターなので、視聴者に良い印象に与えていることを願っています」と呼びかけた。

 途中で、本作に出演する俳優の遠藤憲一と元AKB48篠田麻里子からの応援VTRが上映。邪魔邪魔団のボス・邪魔男爵役の遠藤は「メイン(視聴者)が2〜5歳と聞いて、が然、やる気が起きた。大人のドラマより、いろんなアイデアを自由に入れられる気がする」と意気込み。

 遠藤の起用について、同作の総監督を務める三池崇史氏は「Vシネマからずっとやってきて、汚れた世界を作りすぎた。『一緒にピュアに立ち戻ろう』と言うと、即決で『やります』と言ってくれた」と明かした。

 今作は「魔法」がテーマで、魔法使いが魔法とダンスの力で悪を倒し、人々の夢、世界の平和を守る物語。中学校の入学式の日、不思議な力に導かれて、魔法戦士マジマジョピュアーズ!の一員となったモモカ、「きらめく魔法でピュアライズ!」を合言葉に、人々の夢を奪う邪魔界に向かっていく。

オリコン

「魔法」をもっと詳しく

「魔法」のニュース

BIGLOBE
トップへ