阿川佐和子、プロポーズ秘話「目の前に婚姻届けとリングケース」

1月30日(火)8時40分 RBB TODAY

29日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、阿川佐和子が、プロポーズ秘話を明かした。

 今や司会者やエッセイスト、女優としても知られる彼女だが、もともとは家庭におさまりたいと思っていろいろお見合いしたものの失敗続き。そうこうしているうちにワイドショーのレポーターに呼ばれ、テレビ局にイイ男がいるかなと思っていたがそこでも見つからないまま、ズルズル過ごしてしまったという。

 だが最近、親の介護も一人では大変と感じるようになり、当時仲の良かった6歳年上の元・大学教授の男性と一緒に世話していた。その頃『サワコの朝』(TBS系)に出た脚本家・中園ミホに手相を見てもらったところ、「2017年5月に結婚したほうが良い」とアドバイスを受けてから結婚を考え始めたのだとか。

 最初はプロポーズされていないと言っていた阿川だったが、思い出したのが、彼女の誕生日の時のエピソード。友達の家に呼ばれて行くと、目の前には、保証人の欄に友人の名前がすでに書かれてある婚姻届と、指輪が入ったリングケースが。阿川に対し彼は「ねっ」と言って、それ以上の言葉は何もなかったという。
くりいむしちゅー・上田晋也は「大人のプロポーズ!」と絶賛していた。

RBB TODAY

「阿川佐和子」をもっと詳しく

「阿川佐和子」のニュース

BIGLOBE
トップへ