宮沢りえ 12年ぶりの日本アカデミー賞司会に「背筋伸びる」

1月30日(土)16時0分 NEWSポストセブン

宮沢りえは12年ぶりにアカデミー賞の司会に

写真を拡大

 第39回日本アカデミー賞の優秀賞発表記者会見が行われ、『海街diary』が12部門で13の受賞と、最も多くの賞を獲得した。


 この作品からは綾瀬はるか(30)が優秀主演女優賞、長澤まさみ(28)と夏帆(24)が優秀助演女優賞、広瀬すず(17)が新人俳優賞を受賞しており、4姉妹役全員の受賞で特に話題を集めていた。


 それに続いたのは、『母と暮せば』と『日本のいちばん長い日』で、11部門11受賞。授賞式は3月4日、東京・グランドプリンスホテル新高輪にて開催される。


 その総合司会は、第37回から今年で3年目となる西田敏行(68)と、昨年『紙の月』で最優秀主演女優賞に輝いた宮沢りえ(42)が務める。


 西田は抱負を聞かれ、「去年も大変楽しく務めさせていただきました。今年も素晴らしいお相手を選んでいただいて、大変うれしく思っております。楽しい司会進行に務めたいと思っております」と、笑顔で答えた。


 宮沢は2003年に『たそがれ清兵衛』で同賞を受賞して、翌年の授賞式の司会をして以来、12年ぶり、2回目の司会となる。


 抱負を聞かれると、「アカデミー賞最優秀女優賞をいただくと、司会という大役がもれなくついてくるという現実に、今、背筋が伸びる思いです。西田さんがパートナーとしていてくださるのでとても安心ですし、楽しみたいと思っています」とにっこり。


 昨年は舞台の仕事と重なり、授賞式に立ち会えなかった彼女。その時を振り返り、「舞台袖で受賞の報告を受けて、本当に飛び上るほどうれしかったし、共演者からはすれ違うたびに“おめでとう”と褒めていただきました。あとで(授賞式の映像を)見たら、いつもとてもクールで冷静な吉田大八監督が、受賞の瞬間ガッツポーズをしていて、撮影中も見たことのない姿だったので、アカデミー賞の価値とか意味とかをすごく感じました。そんな瞬間に立ち会うことができて、とてもうれしく思っております」と、感慨深く語った。


 3月の授賞式当日も必見だ。


撮影■小彼英一

NEWSポストセブン

「アカデミー賞」をもっと詳しく

「アカデミー賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ