『東京タラレバ娘』など自分を見つめ直したい人向け冬ドラ3作

1月30日(月)7時0分 NEWSポストセブン

自分を見つめ直したい人向けの冬ドラ(『東京タラレバ娘』HPより)

写真を拡大

 日常を忘れてハマれるドラマには、今のあなたが心の奥で望んでいる要素がちりばめられているもの。今回は、人とのつながりを大切にするあまり自分を見失い、自分を見つめ直したいと思っている「原点回帰タイプ」の人向けの冬ドラマ3作品を心理セラピストの内藤由貴子さんが解説する。


 ひとつめは、『お母さん、娘をやめていいですか?』(毎週金曜22時〜(NHK総合)。まるで親友か恋人のような関係の母・顕子(斉藤由貴)と娘・美月(波瑠)。だが、娘に恋人ができると、その関係は崩れはじめ…という物語。娘への依存から、ストーカー紛いの行動をする母に注目。


「私のところにも、カウンセリングの際に、母親に自分はコントロールされているのでは、という女性からの相談が多いんです。娘も母の期待に応えようとすることを、共依存というのですが、これは夫との関係性が希薄なことも原因の1つです」(内藤さん、以下「」内同)


 ドラマでも夫より娘の方が大事というのが見て取れる。これを見て、自分はちゃんと子離れできているか、あらためて考えてみてほしい。


 二つ目は、『就活家族〜きっと、うまくいく〜』(毎週木曜21時〜、テレビ朝日系)。何不自由なく平穏に暮らしていると思っていた家族4人が、ひょんなことから家族全員、就職することに。


 家族全員が、就活中という極限状況に陥る、まさに原点回帰物語。


「人は大事件が起こると、“平穏な日々は当たり前ではない”と気づくことがありますが、夫の失職、子供の不登校しかり。そこで自分や相手を責めるのではなく、互いの理解に努めると、家族がひとつになる機会になります」


 この家族も一丸となりピンチを越えれば、さまざまな解決策が見えてくるはず。その姿は生きる上で参考になる。


 三つ目は、『東京タラレバ娘』(毎週水曜22時〜、日本テレビ系)。30才で彼氏なし。売れない脚本家の倫子(吉高由里子)は、女友達3人と酒場で本音トークを展開。そこに金髪のイケメンKEY(坂口健太郎)が現れて…。


「あの時、ああしておけばよかった」という後悔は、大なり小なり誰もが経験すること。


「彼女たちは、それなりに頑張って生きています。でも、仕事も恋も報われていない。“30才女子あるある”ですが、女子会でタラレバを言って、互いの傷を舐め合うのは現実逃避です。年下男子の指摘で、行動していない自分に気づけば、彼女たちも大人へと成長していくはずです」


※女性セブン2017年2月9日号

NEWSポストセブン

「東京タラレバ娘」をもっと詳しく

「東京タラレバ娘」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ