小沢一郎氏「10年ぶり5度目の幹事長」に元子分・二階氏の心中

1月30日(水)7時0分 NEWSポストセブン

またこの人がキーマンに?(時事通信フォト)

写真を拡大

 10年ぶり5度目──といってもセンバツ甲子園の話ではない。国民民主党と自由党の合流が浮上し、小沢一郎氏(76)が民主党時代以来、「5度目の幹事長就任」が有力視されている。


 小沢氏といえば、1989年に47歳で自民党幹事長に就任、強引な政治手法で「剛腕」の異名を取って以来、これまで4つの政党で幹事長を経験してきた。


 不気味なことに、この政治家が「剛腕」を発揮して政界秩序をひっくり返すのは、党首時代より幹事長として党運営の実務を握ったときだ。政治ジャーナリスト・野上忠興氏が語る。


「自民党幹事長時代は時の海部首相のクビを切り、次期首相候補を面接。自民党を分裂させ新生党代表幹事になると、野党をまとめて細川政権を誕生させた。民主党幹事長時代には鳩山内閣の“影の総理”として取り仕切った。小沢氏が再び幹事長として与野党激突の最前線に復帰すれば、何か仕掛けるのは間違いない」


 そんな小沢復帰に、心中穏やかではないのが二階俊博・自民党幹事長(79)だろう。


「二階氏は今でこそ首相も一目置く大幹事長の座にあるが、自民党や新生党時代は小沢氏の元子分。若手議員の頃は信長と“草履取り”の秀吉のような関係だった」(野上氏)



 国会が始まると、その2人が与野党幹事長会談で顔を突き合わせることになるが、新任の幹事長はまず各政党の“先輩幹事長”に挨拶回りするのが永田町の慣例だ。


“よーぉ、よーぉ”


 小沢氏の久しぶりに会う二階氏への挨拶は決まっている。二階氏は、どんな顔で元親分を迎えるのだろうか。


※週刊ポスト2019年2月8日号

NEWSポストセブン

「幹事長」をもっと詳しく

「幹事長」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ