マライア・キャリー「求婚は超ロマンチックだった」

1月30日(土)18時15分 Techinsight

マライア「ダイヤが重いわ」(出典:https://www.instagram.com/mariahcarey)

写真を拡大


短い交際期間を経て、オーストラリアのビリオネア、ジェームズ・パッカー氏に求婚された米歌姫マライア・キャリー。幸せいっぱいのマライアがインタビューに応じ「幸せよ」「すごくロマンチックなプロポーズだった」と明かした。

このほどマライア・キャリーが『E!News』のインタビューを受け、ジェームズ・パッカー氏の求婚や同氏との関係をこう語った。

「すごくロマンチックだったわ。」
「ジェームズは素晴らしい人よ。毎日もっとロマンチックな関係になる感じ。とてもスイートだわ。」

またパッカー氏より贈られた数億円のダイヤは35カラットで、かなり重いという。

「そう。すごく重たくて、腕が上がらないわ!」
「なんてね。でも素敵で大きなダイヤよ。」

ちなみに挙式についても検討中で、「うまく行けば、早いうちにできるかも」とのこと。しかし互いに離婚歴があるとあって、驚くような豪華挙式は考えていないらしい。

「美しいけれど慎ましい。そんな式が良いわね。」

マライア曰く、パッカー氏はとても頼りがいのある男性で、優しくまじめなタイプなのだそう。莫大な資産もある彼はマライアと相性もバッチリというから、この結婚は長続きしそうだ。

出典:https://www.instagram.com/mariahcarey
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「マライア・キャリー」をもっと詳しく

「マライア・キャリー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ