ATMよりHKD?北川景子がウェディングドレスより憧れた物とは!?

1月31日(日)9時59分 アサ芸プラス

 11日に入籍したDAIGO北川景子。好感度カップルの入籍には各方面から祝福の声が上がり、結婚記者会見には200人を超える報道陣が集まったが、業界内では11日の結婚は分かっていたという。

「どこもスクープ的に報じなかったのは、事務所が『当人が発表した後、きちんと会見をさせる』という意向を出していたためです。それと、やはり二人の好感度でしょう。熱愛報道が出てから、彼らはその時に言える範囲でコメントや反応をしてくれました。その度に記事に出来ますから、かなりお世話になった印象です。今後も、あまり悪い記事は書かれないと思いますね」(スポーツ紙記者)

 そんなDAIGOと北川は、記者会見ではスーツと白いワンピース姿で登場したが、結婚披露宴を行う際は、着物を着る予定だという。芸能関係者が語る。

「DAIGOさんは友達が函館で呉服屋をやっている関係で、『結婚する時は着物を仕立ててもらう』と以前から言っていたんです。北川さんもそれを知っていました。そんな中、交際して半年くらいの頃、DAIGOさんがふと『着物、一緒に着たいな』と呟いたんだそうです。それは『いつか結婚したい』と言っているようなもの。正式なプロポーズではないものの、感激した北川さんは、気持ちが揺れることが一切なく、ずっと彼にゾッコンでした。近いうちに、仕立ててもらいに函館に足を運ぶそうですよ」

 26日には「新婚旅行は海外でもいいし、ATMもいいかも。熱海ね」と話し、報道陣を笑わせたDAIGO。本命は「HKD」、北海道かもしれない。

(長谷部葵)

アサ芸プラス

「北川景子」をもっと詳しく

「北川景子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ