カトパン退社でフジテレビがこうむる仕事以外の重大損失とは?

1月31日(日)17時59分 アサ芸プラス

 カトパンこと加藤綾子アナが、4月いっぱいでフジテレビを退社し、フリーに転身すると発表された。

 移籍先となる、篠原涼子谷原章介らが所属する芸能プロダクションは、芸能界に大きな影響力を持つ大手芸能事務所との関係性も強く、今後は局アナ時代以上の活躍が予想されているが、広告代理店関係者はこう話す。

「フジテレビには、看板アナとしてかなり酷使されていましたからね。本人的にはまずは仕事よりも結婚、プライベートを充実させたいんじゃないですかね」

 そんな加藤アナといえば、朝の情報番組や明石家さんまがMCを務めるバラエティ番組など、同局の数多くのテレビ番組にレギュラー出演していたが、そういった表舞台の仕事だけでなく、“裏方”としても目覚ましい活躍をしていたというのだ。

「加藤アナは、局の上層部からもかなり気に入られていて、ウチの局のスポンサーやクライアントとの打ち合わせの席などにもよく呼ばれていたと聞きます。まあ、そういった席に美人アナがいれば、担当者の機嫌も良くなるし、話もまとまりやすいですからね(笑)。 この業界ではよくあることですが、当人にとっては負担も大きかったのではないでしょうか」(フジテレビ局員)

 フジにとっては番組制作以外の面でも、看板アナを失う損失は大きそうだ。

(しおさわ かつつね)

アサ芸プラス

「フジテレビ」をもっと詳しく

「フジテレビ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ