テレ朝・弘中綾香、大ブレイク「毒舌キャラ」が局内で危惧され始めた理由!

1月31日(水)9時58分 アサ芸プラス

 テレビ朝日の弘中綾香アナの“毒舌キャラ”が開花し、話題となっている。オードリー若林正恭とともに「激レアさんを連れてきた。」にレギュラー出演している彼女。

 1月22日の放送では、今年の元旦に南沢奈央との熱愛が発覚した若林に対して「人見知りだったりとか、女の子苦手芸人とか言っちゃって。世間の見る目も変わって、してやったりって感じなんですか?」と厳しく追及。困惑する若林を「世間を欺いていた嘘つきです」とまでバッサリ切り捨てた。そんなやりとりが現在、ネット上で大ウケしている弘中アナの毒舌コメントだが、内輪での評価も上々のようである。

「童顔の彼女が“Sっ気”たっぷりのコメントを発するのは率直に面白い。局内でも『数字の取れる女子アナ』として期待が高まっていますよ」と語るのは同局関係者だ。

 弘中アナについて「竹内由恵アナを継ぐ“テレ朝の次世代エースアナ”の筆頭候補ですね」と語る同関係者は「今春からレギュラー番組が増える予定ですが、正直、毒舌キャラとしてこれ以上ブレイクするのは怖くもあります」と漏らす。

 弘中アナの毒舌キャラが「危惧」される理由。それは、局アナの人気が出ると必ず出てくるアレだった。

「他局でも活躍できるバラエティタレントとしてのニーズが生まれることで、芸能事務所からの接触が増え、フリー転身の可能性が高まるからですよ。毒舌キャラがウケるのは有り難い限りですが“行き過ぎたタレント化”は局にとって非常に危険なこと。せめてあと10年はテレ朝で活躍してもらわないと困っちゃいますね」(前出・局関係者)

 毒舌キャラで注目を集める弘中アナだが、関係者の心中は複雑なのだった。

(白川健一)

アサ芸プラス

「弘中綾香」をもっと詳しく

「弘中綾香」のニュース

BIGLOBE
トップへ