森高千里、21年ぶり“ミニ”をはいての全国ツアーに「今でも似合う」称賛続々!

1月31日(木)17時59分 アサ芸プラス

 歌手の森高千里(49)が1月26日、21年ぶりとなる全国ツアーを埼玉県・狭山市市民会館でスタートさせた。

 森高は代名詞でもある丈の短いスカートで登場。21年前と変わらぬヒザ上15センチのすそからのぞくスラリとした美脚でファンを酔わせた。デイリースポーツによれば、森高は「パッと見る印象って大事。『ズボンかよ』ってなってもよくないですし、がっかりさせない程度にやってます」と、こだわりを見せているという。

 ファンからは「年齢を全然感じさせない。スタイルを保っていてすごい」「昔から足がキレイな印象だけど、今でもミニが似合ってる!」「今も昔と変わらない可愛さと美しさ。これからも女神です」と絶賛の声が聞こえる。

 アイドル取材歴30年のベテラン記者も、「今回は1年かけて全国を回るツアーで、森高さんも相当気合いが入ってるみたいですね。水泳やランニングでコンディションを整えるなど、準備万端で臨んでいるようです」と、期待感をにじませる。

 12月8日には故郷の熊本でも凱旋公演を予定。熊本地震の支援活動も行ってきた森高は「私にできるのは、歌ってみんなに笑顔になってもらうこと」と同紙で語っている。

「『私がオバさんになっても』というヒット曲がありますが、まだまだオバさんと呼ぶにはほど遠く、若い子にも負けない美しさを保っています」(前出・ベテラン記者)

 健在の脚線美の源は、不断の努力と故郷への思いなのかも知れない。

(石見剣)

アサ芸プラス

「森高千里」をもっと詳しく

「森高千里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ