ドラマ「QUEEN」が“フィギュアスケートのイメージを壊す”と大炎上!

1月31日(木)9時58分 アサ芸プラス

 竹内結子主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)の第3話が1月24日に放送され、平均視聴率は6.4%。初回9.3%から第2話は 5.8%に大幅ダウン。下げ止まりとはなったものの、3話の内容にネット上では大炎上している。

 この日の物語は、世界大会で金メダルを獲得したフィギュアスケーターの相馬紀子(白石聖)が帰国し、婚約者の家に行くと彼は刺殺されていた。その容疑が相馬に向けられ、氷見江(竹内)らの弁護士事務所に相談が持ちかけられる。しかし、相馬には確実なアリバイがあった。それは、メダルを取るために審査員らに対して女性の武器を使っていたというものだった。そしてオチは、コーチに命令されての“枕”だった。

 この展開にネット上には〈なんか失礼じゃない? アマチュアのスポーツ選手なのに、未成年もたくさんなのに、イメージダウンなドラマ作って酷い〉〈フィギュア題材にしてひどい脚本書いてんじゃねーよ〉〈とにかく設定がひどいし、今のフィギュア選手がただただかわいそう〉など、怒りのコメントが殺到したのだ。

「今作に原作はなく、脚本家の倉光泰子氏と三浦駿斗氏によるオリジナル。倉光氏は福山雅治主演の『ラヴソング』もオリジナルの脚本で挑みましたが、平均視聴率は8.5%と福山の黒歴史になりかねない数字でした。『QUEEN』も第3話の内容が酷評されたことで、視聴者離れが加速しそうな気配です」(テレビ誌ライター)

 視聴率で映画のような“QUEENブーム”とはいきそうもないようだ。

アサ芸プラス

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ