寝不足の人大歓迎!昼寝付きで日給5万円の「夢のひるねバイト」が登場

1月31日(火)17時26分 BIGLOBEニュース編集部

「夢のひるねバイト」(c)2017ひるね姫製作委員会

写真を拡大

求人情報サービス「an」は、映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」とのタイアップ企画『夢のひるねバイト』の募集を1月31日から開始した。


『夢のひるねバイト』は、「ひるね姫」にちなんで、枕や耳栓、アイマスク、3時のおやつなどの安眠グッズが用意された上で、昼寝ができるというもの。昼寝ですっきりした後には、完成披露試写会でお仕事。劇中に登場するロボット「ハーツ」の着ぐるみを着て、会場入り口で来場者を出迎えたり、豪華声優陣と一緒に舞台に登壇して記念撮影を行う。昼寝ができて、日給の5万円がもらえるだけではなく、キャストのサイン入り枕ももらえる仕事になっている。


応募には、経験や年齢、性別などは一切不問。昼寝が得意であったり寝不足な人、あるいは「夢を見たい」、「知らないワタシを見つける旅に出たい」などの願望がある人材を歓迎するとしている。


<募集の内容>
・報酬:日給5万円
・募集要項:募集人数は1名。性別、年齢、学齢は不問
・勤務地:都内近郊(全国どこからでも交通費全額支給)
・実施日:2月27日(月)14:00〜20:00
・応募期間:1月31日(火)〜2月13日(月)23:59


<映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」ストーリー>岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。進路のこと、友達のこと、家族のこと・・・考えなければいけないことがたくさんある彼女は寝てばかりもいられない。無口で無愛想なココネの父親は、そんな彼女の様子を知ってか知らずか、自動車の改造にばかり明け暮れている。2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行された。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。たったひとつの得意技である「昼寝」を武器に、ココネは夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。それは彼女にとって思いがけず、“知らないワタシ”を見つける旅でもあった。


夢のひるねバイト


夢のひるねバイト


(c)2017ひるね姫製作委員会

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「寝不足」をもっと詳しく

「寝不足」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ