ちわーっす、アマゾンでーす? サザエさん新スポンサー報道で「三河屋のサブちゃん」に心配の声

1月31日(水)11時57分 J-CASTニュース

磯野家に物流革命が?(画像はイメージ)

写真を拡大

国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)のスポンサーから2018年3月、経営再建中の東芝が降板する。その後継として、アマゾンジャパン(Amazon)、西松屋チェーン、大和ハウス工業が決まったと、共同通信や産経新聞などが1月30日に報じた。


日曜夜の長寿番組で、馴染みのある視聴者も多い「サザエさん」。さまざまな反応があるなか、ツイッターでは「三河屋のサブちゃん」の行方を心配する人が続々と出ている。



「デリバリープロバイダ」に転身?



サブちゃんとは、磯野家の近くにある「三河屋(みかわや)」の店員。いつも勝手口から「ちわーっす、三河屋でーす!」と声をかけ、お酒を届けがてら、次なる注文を受ける、いわゆる「御用聞き」だ。サザエさんならではの昭和ノスタルジーを感じるムードメーカーになっている。


しかし、もしサザエさんの世界観に「アマゾン」が入れば、磯野家もネット注文になり、サブちゃんの存在意義がなくなるかもしれない。ツイッターでは、そういった心配から、サブちゃんがアマゾンの配達員に転身するのでは、との声が出ている。



「サブちゃん絶対Amazonの配達員なるやん」

「サブちゃんがAmazonに転職してしまう!三河屋がなくなる!」

「三河屋さんは『運送屋のサブちゃん』として段ボール箱を届ける役どころで、磯野家の出入り業者という立ち位置を続けるのも手か」

「サブちゃん、デリバリープロバイダになって裏口からダンボール運び込んで来るのか」


サザエさんは、いまも黒電話やブラウン管テレビを使うなど、ブレない世界観で知られる。スポンサーへの「忖度」で、大きく変わる可能性は少ないはずだが......。それだけサブちゃんが愛されているということだろうか。

J-CASTニュース

「サザエさん」をもっと詳しく

「サザエさん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ