熊切あさ美『仮想現実AV』初体験で“興味”がありすぎ!?

1月31日(木)11時35分 まいじつ

タレントの熊切あさ美が1月24日深夜放送の『じっくり聞いタロウ〜スター近況報告〜』(テレビ東京系)に出演し『VRAV(仮想現実AV)』を初体験した。


【関連】『ソフマップ』“例の壁”の前でも可愛すぎるアイドル降臨! ほか


週替わりMCの熊切は「この番組、立ち位置いいから他の番組より露出してきてるんです」と胸を寄せて登場。 視聴者に猛アピールし、ちゃっかりレギュラーを狙っている様子。



この日の番組では「業界の裏側大暴露SP」と題して、VRAV専門のカリスマ男優・稲葉裕志を紹介した。


VRAVとは、VR(バーチャル・リアリティー)専用のエッチ動画をVRゴーグルを装着して鑑賞すること。周囲360度をセクシー女優に囲まれ、まるで目の前にいるかのような体験ができる。


早速、VRAVを初体験したMCの『ネプチューン名倉潤は「女の人、8人くらいに、か、囲まれている。ちょっと待って、おっぱい来た、おっぱい来た。あかん、あかん、あかん」と手を挙げながら大興奮。



自分も参加しているみたい


次にVRゴーグルを着けた熊切は「スゴい。自分も参加しているみたいです。リアル」と照れまくり。すると、ゲスト出演の『とろサーモン』久保田かずのぶから「独特な見方、すなんよ! 何で参加してんだよ」とツッコまれた。


300本以上のVRAVに出演しているという稲葉が撮影現場について説明すると、熊切は「そういうお仕事って感じるんですか? 気持ちイイことは気持ちイイんですか?」と積極的に質問。


これに稲葉は「気持ちいいですけど、何やってんのかな? と思うことはある」と答えた。また、ギャラについて、「普通のAVよりもしかしたら安いかもしれない。だいたい1本2〜3万円くらい」と明かした。


月に15本くらいは撮影するという稲葉に対して、熊切は「スゴい。月15回はエッチしてるってことですもんね」と興奮気味。かなり興味津々だったため、もしかしたら“スカウト”されるかも!?



【画像】


(C)Arthur-studio10 / Shutterstock


まいじつ

「熊切あさ美」をもっと詳しく

「熊切あさ美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ