激動の時代を生き抜いた松平一族の軌跡から戦国史を通覧! 「家康と松平一族」を開催!

1月31日(日)11時0分 Rooftop

unnamed.jpg
安城市歴史博物館では、 令和3年2月に開館30年を迎えることを記念して、 安城と関わりの深い松平氏に焦点をあてた、 開館30周年記念特別展「家康と松平一族」を開催。

松平一族は、 松平郷(豊田市)を発祥の地として、 三河の各地域に多数の一族を分立。 各家は多くの合戦で戦功を挙げ、 譜代大名として徳川幕府を支えた。 のちに徳川家康を排出することとなる、 「安城松平家」【初代親忠(ちかただ)、 二代長忠(ながただ)、 三代信忠(のぶただ)、 四代清康(きよやす)】(※清康は家康の祖父)も松平一族のひとつで、 かつて安城市にあった安城城(※安城市歴史博物館は安城城址に設置)を拠点とした。

安城市歴史博物館ではこれまで、 「安城松平家」をはじめ、 安城ゆかりの大名に関する展示や、 松平一族に関するシンポジウムを開催してきたが、 今回の特別展では、 戦国時から江戸時代初期(16世紀初頭から17世紀中頃)を対象として、 三河における松平一族の活動を示す古文書や系図、 各地に伝わる松平各家の甲冑や城絵図、 家康の関わった合戦を描いた屏風などの資料、 約200点を一堂に会して展示する。

Rooftop

「時代」をもっと詳しく

「時代」のニュース

「時代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ