脱原発説く坂本龍一に「三味線で『ライディーン』を」の意見

1月31日(日)16時0分 NEWSポストセブン

脱原発を説く坂本龍一氏に意見も(中川淳一郎氏)

写真を拡大

 昨年、安保法制をめぐり、学生を中心とした団体・SEALDsが登場し、反対運動を行なった。そこに多くの中高年が同調し、メディアもしきりと彼らを取り上げた。ネットニュースの専門家・中川淳一郎氏と、ネットに一切触れない評論家・呉智英氏が、これらの動きや、昨今ネットで蔓延する「右」や「左」のレッテル貼りについて話し合った。


呉:大人もバカだよね。利用のしようがないじゃない、あんなもの(SEALDs)は。


中川:しかし、いまは何が右で何が左かよくわからなくなっている。原発に反対したらリベラルとか、一つのイシューに反対したらリベラルだといっているだけじゃないかと。


呉:その通り。何にもわかってないんだよ。俺は原発には反対なんだよ。ただ、脱原発って簡単じゃない。まず財界が安く電気を使いたいから原発を支持してるよね。一般民衆も、原発がなくなったら楽な生活ができなくなるとわかったうえで、やめる覚悟があるかどうか。どこの山の村でも海の魚が食えるけど、冷凍して運ぶロジスティックスにものすごく電気を使っているわけでしょ。


中川:坂本龍一は「たかが電気」っていってたけど、電気がなければエレキギターもキーボードも弾けないだろって。


呉:そう、そう。お前ら、昔みたいにハープシコードでも弾くのかと。


中川:「YMO、新たな始動」とかいって、全員、三味線で『ライディーン』を弾けばいい。


呉:ただ、10年、20年たてば、科学の進歩で脱原発できる可能性はあるわけですよ。そのために「お前ら、ちょっと我慢しろよ」と強権発動する人が出てきたら、それは右なのか左なのか。


中川:結局、「自分はリベラルだ」といったらリベラルになるんでしょうね。消費税の問題でも、増税反対派が左翼っぽく見られているけど、消費税が社会保障に使われるのだとしたら、格差是正につながるかもしれないわけですよね。


 で、何が気持ち悪いのかというと、旧来の知識人が、「どっちの側に身を置けばリベラルで進歩的な人物に見られるか」という原理だけで動いていて、学生の運動を取り込めば、自分たちも急進派になれると思って支持していることですよ。


呉:その通りだね。外国人労働者の問題も同じ。みんな外国人労働者を受け入れるのは国際派でリベラル派だと思ってるけど、とんでもない間違い。外国人労働者を入れるというのは、国内に植民地をつくることなんだよ。外国に農園や工場をつくり、安い労働力を使って宗主国が豊かになるというのはわかりやすい植民地だけど、安い労働力を現地で使うか、国内で使うかというだけの違いでしょう。だから、絶対やめなきゃいけない。日本は朝鮮統治で懲りてるはずなんだよ。


中川:それしか日本が生き残る道はないという人もいますね。社会学者の橋爪大三郎さんは、今の状況だと、単に肉体労働者がいっぱい来ることしか考えてないんだけど、弁護士とか医師とか、そういった職業の人も育てて、きちんとその国の人がコミュニティをつくれるようにしろという「逆植民地化」を唱えています。


呉:そこまでいうなら、一理あると思うけど、それでも積極的には賛成しませんよ。やっぱり、朝鮮統治の失敗から教訓を学んでないからね。国内で労働力をうまく回して、生産効率をあげることに力を注ぐべき。


※週刊ポスト2016年2月5日号

NEWSポストセブン

「脱原発」をもっと詳しく

「脱原発」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ