櫻井翔の思い「誰かが孤立するような終わり方はしたくない」

1月31日(木)7時0分 NEWSポストセブン

活動休止発表の嵐、櫻井翔の思いは?

写真を拡大

 2020年12月31日をもって活動休止することを発表した嵐。決断に至ったきっかけは、リーダー・大野智(38才)が2017年6月ころに「自由な生活をしたい」と他の4人のメンバーに相談したことだという。その一方で二宮和也(35才)が「結婚したい」とジャニーズ事務所に直談判したことも影響しているとの情報もある。


 ジャニーズ事務所には、複数のメンバーが結婚をしてもなお、アイドルとして活動を続けているグループもある。


 たとえば、TOKIOでは国分太一(44才)が2015年に結婚し、2児をもうけている。元メンバーの山口達也(47才)も、一時期は結婚していた。


 V6に至ってはメンバーの過半数が妻帯者だ。井ノ原快彦(42才)は2007年に瀬戸朝香(42才)と、長野博(46才)は2016年に白石美帆(40才)と結婚。嵐と同世代である岡田准一(38才)は2017年に宮崎あおい(33才)と、森田剛(39才)は2018年に宮沢りえ(45才)と結婚している。


 しかし、嵐のメンバーにその選択肢はなかった。


「事務所の中でもSMAPと嵐は別格の人気でした。SMAPの解散の際、メンバーに溝を作った引き金は木村さんの結婚だといわれました。その解散劇を間近で見ていた彼らに“結婚してグループを続ける”という選択肢はなかったようです」(芸能リポーター)


 嵐はデビュー以来、何かとSMAPと比較されてきた。世代を超えた絶大な人気、メンバーの個性を生かしたソロ活動、それをふまえてのグループとしての強さはよく似ている。一方で、事務所内では、カリスママネジャーのI女史に見出されてスターダムに駆け上がったSMAPと、藤島ジュリー景子副社長の秘蔵っ子である嵐、という対照的な立場に置かれていた。だからこそ比べられ、SMAPの後を追う形になった嵐は、自分たちの一挙手一投足が周囲にどのような影響を与えるかに、敏感になっていたという。


「実は“SMAPはタレント、嵐は会社員”といわれるんです。というのも、SMAPはI女史の差配でジャニーズの傍流として活躍してきましたが、嵐は超主流派。SMAPのメンバーは事務所のヒエラルキーや他のグループとの関係などわかっていない部分が多かった。でも嵐は誰にどう相談し、どう話をつければ自分たちが理想とするラストを迎えられるかよくわかっています。


 5人が意思を固めた昨年6月当初、事務所はまだその話をまったく受け入れてはいなかった。それをこういう形で説得できるというのは嵐ならではでしょう。メンバーたちは今回ものすごくSMAPを意識していました。5人での話し合いの中で、櫻井さんは『誰か1人が孤立するようなSMAPのような終わり方はしたくない』と繰り返していたそうです。


SMAPのことは尊敬しているけど、“ファン第一”を考えると最後の幕引きをするまでは“アンチSMAP”スタイルを貫くしかないと。空中分解のような終わり方をするのではなく、メンバーで話し合い、メンバーで決め、メンバーで公表するために、どうすれば事務所が納得するかまで考えた末に、事務所に報告したそうです」(前出・芸能リポーター)


 先の会見に先立ち、ファンクラブ会員に向けて公開された動画の中で、相葉は「5人で嵐という思いが強い」「本当に、本当に仲が悪くなってこういう結果になったわけでもありません」と、メンバーの友情は変わらないことを強調していた。


「会見でも『勘違いされてしまうかと』と口にし、不仲が原因だとは思われたくなかったのがありありと感じ取れました。そこも、SMAPを意識していたのでしょう。SMAPがあのような終わり方をしたことで、どれだけファンを悲しませたかを、よくわかっているのです」(芸能事務所幹部)


 一方で、関ジャニ∞ファンの胸中は複雑だという。同年代の関ジャニ∞は渋谷すばる(37才)を引き留めきれず、メンバーを欠くことになった。


「嵐が『5人で嵐』と強調すればするほど、関ジャニ∞は一枚岩になりきれなかったのかと受け止めてしまったファンもいたようです。事務所の対応を含めて、計らずとも関ジャニ∞と、嵐との“差”が浮き彫りになってしまった形です」(前出・芸能事務所幹部)


※女性セブン2019年2月14日号

NEWSポストセブン

「櫻井翔」をもっと詳しく

「櫻井翔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ