郷ひろみ、ゴルフは「人生に似ている」 石川遼からアドバイス

1月31日(木)16時12分 Techinsight

ゴルフ界を盛り上げたいとやる気の郷ひろみと石川遼

写真を拡大

長年活躍を続ける歌手・郷ひろみが31日、都内で開催された「PEARLY GATES設立30周年 フューチャーGOLFツアー2019協賛記念プレス発表会」に応援サポーターとして出席した。発表会ではゴルフ上達のコツを質問した郷が、同ツアーの発案者で発足から携わっているプロゴルファー・石川遼選手からアドバイスをもらう一幕もあった。

ヒョウ柄のきらびやかなジャケットを着て華やかに登場した郷ひろみは、「19歳のときに初めてゴルフした。その頃はまだ一般的なスポーツではなかった」と回顧し、「どうしてゴルフが好きなのかというと、月並みかもしれないけど、人生に似ている」「楽しい時もたくさんあったけど、苦しい時もたくさんあって、それを乗り越えることによって楽しさが倍増する」とゴルフを人生になぞらえ、「好きな理由の2つめは、僕みたいなアマチュアでも長く長くできるスポーツ」と笑顔でゴルフ愛を熱く語った。

そして郷はプロゴルファーの石川遼、芹澤信雄、藤田寛之の3選手に「ドライバーの飛距離をすぐに伸ばすには?」と質問。石川選手は「僕がおすすめするのはグリップを強く握らないこと。軽く持つことで腕をしならせることができれば長いクラブのようになる。手から肩までなるべく柔らかく」とアドバイス、グリップを強く握りがちだという郷は感心しながら耳を傾けていた。続けて芹澤選手は「お金をかけて自分に合ったクラブに替えれば間違いなくすぐ伸びます。一番早い」と助言して笑いを誘った。藤田選手は「利き手ではない方で素振りをするとヘッドスピードが上がるそうです」と話した。自分はまだ試したことがないそうだが、あるとき石川選手がこれをしていたことから「噂は本当なんだ」と確信したという。

設立30周年のゴルフウェアブランド「PEARLY GATES」が協賛する「フューチャーGOLFツアー2019」について、石川選手は「ゴルフ界全体を盛り上げることが第一の目的」だと話す。さらにゴルフ界、特に男子ゴルフ界を活性化し、観客やファン、ゴルファーを増やし、ゴルフ場を明るく活気のある場所にすること、若いジュニア世代を育成したり、ゴルフの楽しさを知ってもらうこと、地域の人々とつながって、地域の活性化にもつなげたい—と石川選手はゴルフ界の将来を見据えて熱を込めた。そんな石川選手に芹澤選手は「申し訳ないけど、遼がもっと勝って盛り上げて」とさらなる活躍を願った。

「ぜひとも僕にできることは協力したい」と話す郷には、芹澤選手が「応援歌を一曲歌って欲しい」と提案。さらに「プロアマ戦に参加したり、ゴルフ場に行って協力したい」と意欲的な郷に、芹澤選手も「プロアマ戦に出てもらえれば、皆さん喜ぶのではないか」と期待していた。

Techinsight

「郷ひろみ」をもっと詳しく

「郷ひろみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ