狩野英孝、ライオンに噛まれて再評価!一方で叩かれたあのタレント

2月1日(木)18時14分 アサジョ

 評価が真っ二つに分かれたようだ。

 1月27日に放送されたバラエティ特番「坂上探検隊」(フジテレビ系)で、狩野英孝が動物の着ぐるみを着て、南アフリカの地で野生動物たちと急接近する模様が放送され、その度胸を再評価する声が上がっている。

 今回放送されたVTRは狩野が不祥事を起こす前に撮影されており、それが原因でお蔵入りになっていたものがこのほど解禁された。

 狩野はライオンやチーター、サイ、ワイルドドッグなどに接近し、自撮りするというチャレンジに挑み、みごと世界初といっていいであろう数々の貴重映像を収録。しかし、ライオンやチーター、ワイルドドッグに襲われるなど、見ている側もヒヤヒヤするシーンがあっただけに、視聴者からは「狩野、見直したぞ」「この仕事を受けられる芸人はなかなかいない」「こんな辛い仕事してたらストレス発散したくなるのもわかるかも」など、狩野の頑張りを称える声が続出した。

「広大な私有地で飼われているという動物たちに、所有者指導のもと安全に配慮したうえで撮影は行われたといいますが、それでもあそこまで体を張っていたとは恐れ入りますね。狩野はチーターに噛まれたことについて、『肉食動物に襲われる草食動物の気持ち(が分かった)』と振り返っていましたが、一度襲われた後でも自撮りするために再び動物たちに接近していく姿は勇敢でした。そのロケから帰国後すぐに不祥事の謝罪会見があったわけですが、あれだけの経験をしているわけですから、会見の中で『野生の勘』という言葉が出てきたのも納得です」(エンタメ誌ライター)

 しかし狩野の頑張りが評価された一方で、対照的に番組での振る舞いを叩かれてしまったタレントもいる。

「番組を進行していた坂上忍ですね。スタジオでのくだりは狩野の謹慎が明けてから撮影したものだったようですが、オープニングで坂上は狩野の騒動にブチ切れ。とはいっても、坂上は体を張っているわけでもなく、狩野たちのVTRを見てただ笑っているだけ。また、狩野がチーターに噛まれたりして他の出演者たちが心配そうにVTRを見ている時でも、坂上だけは豪快に笑っているシーンが多々見受けられました。そのためか、視聴者からも『なんで坂上はあんなに偉そうなの?』『坂上は笑ってるだけなんて楽な仕事だよな』『体を張っている他の演者が怒るならまだしも何もしてない坂上がキレることか?』『狩野ありきの番組だろ。坂上がいなくても成立する』『何が坂上探検隊だよ。ただのパワハラ隊長だろ』『今度は坂上にもロケに行ってみろ』など、ネットでボロカスに文句を言われています」(前出・エンタメ誌ライター)

 番組のタイトル名も「坂上探検隊」としているだけに、今度は坂上も隊長らしく体を張った活躍ぶりをみせてほしいものだ。

(本多ヒロシ)

アサジョ

「狩野英孝」をもっと詳しく

「狩野英孝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ