佐藤健、小松菜奈、森山未來らが走る!『サムライマラソン』本編映像が解禁

2月1日(金)3時0分 映画ランドNEWS

佐藤健が主演を務める映画『サムライマラソン』が2月22日(金)より公開される。この度、豪華キャストが集結した本編映像が解禁となった。



日本のマラソンの発祥といわれ現在も160年以上にわたり受け継がれている史実、安政遠足(あんせいとおあし)を舞台にした土橋章宏の小説「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)を原作とする本作。


主演の佐藤健が演じるのは、普段は平凡な侍だが、実は幕府のスパイとして藩に潜入している忍び・唐沢甚内。遠足参加中、藩に迫る危機をいち早く察知する重要な役どころだ。藩主の娘・雪姫を小松菜奈、藩の重役の息子で野心溢れる侍・辻村平九郎を森山未來、侍にあこがれる足軽・上杉広之進を染谷将太が演じる。共演に青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己、門脇麦、中川大志、小関裕太らが名を連ねる。


サムライマラソン


解禁されたのは、豪華キャストが勢ぞろいした遠足のスタートシーン。さまざまな思いを胸に“日本史上初のマラソン”とされる安政遠足に参加した藩士たちが、全力疾走する姿が映し出されている。


サムライマラソン


スタートラインに並ぶ藩士たちを見守る藩主・板倉勝明(長谷川博己)、迫りくる危機に気付き神妙な面持で走り出す幕府のスパイ・唐沢甚内(佐藤健)、絵描きになることを夢見て藩を抜け出すため男装して参加する勝明の娘・雪姫(小松菜奈)、雪姫との結婚のためにどんな手を使ってでも優勝しようとする傲慢な侍・辻村平九郎(森山未來)、「一着にならなければ金を渡す」と八百長を持ちかけられ葛藤する藩で一番の俊足の足軽・上杉広之進(染谷将太)、腰痛持ちながら遠足に参加した甚内の上司・植木義邦(青木崇高)、侍人生にもう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(竹中直人)。


主役級の超豪華キャストが一堂に会し、それぞれがワケありのキャラクターを演じながら走り続ける遠足シーンは必見だ。



映画『サムライマラソン』は2月22日(金)より全国公開


(C)“SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「佐藤健」をもっと詳しく

「佐藤健」のニュース

「佐藤健」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ