綾野剛×松田龍平『影裏』長尺予告、大友啓史監督の新作を江口洋介らが絶賛

2月1日(土)9時0分 映画ランドNEWS

2月14日(金)公開の映画『影裏』より、新・長尺予告映像が解禁。また、各界からの絶賛のコメントも到着した。



第157回芥川賞を受賞したヒューマンミステリー小説「影裏」(原作:沼田真佑)を、『るろうに剣心』『3月のライオン』などで知られる大友啓史監督が、綾野剛松田龍平をメインキャストに迎え映画化した本作。


映像では、主人公の今野(綾野剛)が会社の転勤をきっかけに全てを捨てるように移り住んだ岩手・盛岡で同じ年の同僚・日浅(松田龍平)と出会い、慣れない地でただ一人、日浅に心を許していく様子、そして突然の日浅の失踪とともに見えてくる日浅の裏の顔が描かれていく。


2人は、酒を酌み交わしたり、釣りに出かけたりと遅れてやってきた青春のような幸せな日々を送っていくが、その日々の中には後に見えてくる日浅の裏の顔を思わせるシーンも。ある日、夜釣りに出かけた今野と日浅は些細な事で雰囲気が悪くなり、流木の焚火に照らされた日浅は「知った気になるな。お前が見ているのはほんの一瞬光が当たった所だってこと。人を見るときはその裏っかわ。影の一番濃い所を見るんだよ。」と意味深な言葉を投げかける。その日が彼を見た最後の日に。


さらに、あることで父親に縁を切られていたこと、同僚にお金を借りていたことなど、消えた日浅の行方を追うほどに、これまで見てきた彼とは全く違う顔を知る今野。失ってから初めて知る、分かりあえていたと思っていた親友の“本当。”彼の真実は何を照らすのか。



絶賛コメント ※五十音順




相田冬二(映画批評家)


映画『影裏』は幽玄な傑作である。 綾野剛は近年最良の演技を披露しているばかりでなく、この演じ手がこれまでひそませていた秘密が丸裸にされたような禁忌を、わたしたちは陶酔とともに見とどけることになる。 松田龍平の表現はモダンアートの域に達している。欧米の美術館は所蔵したがるだろう。


石川慶(映画監督)


役者たちは、この映画の中にただ静かに在る。思い起こしてみても、僕はずっと彼ら自身というよりも、彼らの影をじっと見ていたように感じる。


真っ黒な影のその奥を、そうやっていつまでも覗き込んでいると、ふいに生々しい“真実”が顔を出す。映画がなすべき仕事だ、と強く思った。


宇野常寛(コラムニスト)


それが愛おしいのは美しいからだけではない。


人が人に、人が土地に魅せられるときに蠢くものについて、この映画は残酷なくらい克明に写し出してしまっている。


江口洋介(俳優)


「るろうに剣心」の撮影中、「影裏」の撮影を終えた大友監督が、地方は孤立する。という言葉を何度も口にしていたのを覚えている。


盛岡は監督が生まれ、育った場所だ。光の当たらない人間の影に強く踏み込んだ、見応えのある作品だ。


掛尾良夫(元キネマ旬報編集長)


「人を見るときは裏側、影の一番濃い所を見るんだ」という言葉に主人公は自身の性癖と向き合う。日常の顔と本当の素顔の間の葛藤を鋭く抉り、3.11を挟む物語は、死から再生への希望へと続く。美しい岩手の四季を背景に、大友啓史監督は主人公の心の揺れと共振する綾野剛のしなやかな肢体を通して人間の内面、影を見事に捉えた。


今日マチ子(漫画家)


水流に飲み込まれて、顔を出し、また大きなうねりの中に入っていく。外から見ている人間にはそれがたまらなくもどかしい。


観た後に頭の中に浮かんできたのは、昔の友人。「あの人、どうなった?」


小橋賢児(クリエイター)


淡々と進んでいく物語の中で、まるで蝋燭の火であぶり出した絵のようにじわじわと物語の形が見えてくる。


言葉、時間、性、光、影。一見シンプルに見えるストーリーが逆に観る側を能動的にし、自分の日常にもおきえる小さな一つ一つの出来事をヒントと思えるような感覚に誘う、観れば観るほど深くなる作品だと思った。


瀬々敬久(映画監督)


人間が立ち向かえない自然という怪物。人はずっと昔からそこを経験してきたし、これからも抗い続ける。実は3・11以降も以前もない。


そして人も謎であるということ。この映画が指し示してくれたことは途轍もなく大きい。破壊の跡からは、小さな芽が生まれ、育つ。


この映画には生きていくことが充満している。


髙森玲子(作家)


人の弱さや狡さに溢れたこの世界を見つめる、大友監督のまなざしはやさしい。そのやさしさに触れたくて、作品が封切られるたび足を運ぶ。


今作『影裏』では、心の底に細い釣り糸をたらして下りてゆくような、これまでにない不思議な感覚を味わった。盛岡という土地に宿る強烈な引力と、独特の陰影の描き方は秀逸。ラストシーンでは、ふいに向こう側の世界に出たようなカタルシスが訪れる。やさしさが、静かに満ちてくる。


立田敦子(映画ジャーナリスト)


静謐な時間の中で、炙り出される主人公の揺れ動く感情。息を止めるほど、見入ってしまいました。


文学的な香りのする、美しくも畏れを感じさせる作品。


玉置泰紀(KADOKAWA2021年室エグゼクティブプロデューサー/元ウォーカー総編集長)


兎に角近い。スクリーンの中の人間と目の前で対峙しているような感覚。そして、体感時間が短かい。当事者のように没入することで、映画の時間と自分の生理的な時間がシンクロして、その空間と共感してしまう。あたかも、フリップ&イーノの様な瞬間が大友良英のOSTにもあるのだが、“見る”というよりは“体験”する感覚は不思議。より深く入り込むには、前情報なく見るのをお勧めする。震災後の暗い感じや釣りの実感、微細なリアリティが肌に沁み込むようで、説明はされないが、そこに全てがあり、作り手と同じ目線で観客も感じ考えることができる。強烈な節度。体験型演劇のイマーシブの様な感覚。そして何より、綾野剛、松田龍平。二人の味わいを絞りつくしたよう。まさに二人の空間に共にいる感覚。好きです、この映画。


鳥越俊太郎(ジャーナリスト)


先ずは告白しなければならないが、カメラで切り取られた映画の舞台、盛岡の自然の美しさだ。緑したたる森の木々、清らかな川の流れ。


そこをバックに二人の男性の不思議な関係が描かれて行く。失踪して初めて親友の影と裏に向き合う事になる主人公の心の揺らめき。


深い感動を残す実に繊細な映画だ。


福田萌(タレント)


「私は生きている!」そう強く思わせてくれる作品。長くて寒い冬を、夏の鮮やかだけど儚げなさんさ踊りを、光がキラキラと当たる緑や川の美しさや吹いてくる風を、肌で感じに、また岩手に帰りたくなりました。


松崎健夫(映画評論家)


人間の<影>の部分は、決して見えないわけではない。『影裏』は、その<影>に対して、我々は目を逸らしてはいないか?或いは、見えないフリをしていないか?と断罪する。<影>の向こう側にあるものを知るためには、相手の深淵へ踏み込む覚悟がいるからだ。それゆえ、表層的な社会の向こう側にある厳しい<現実>に対する我々の姿勢も、実は同じではないか?と言わんばかりなのだ。


真山仁(小説家)


深く心を寄せる人を、自分の思い込みと期待で塗り固めてしまう——。それは、誰しもが陥る罠であり、孤独の証だ。


美しい岩手の風景の中で、誰もが隠したい“醜い素顔”が現れた時、絆の真理が見えてくる。


三田紀房(漫画家)


すべてが儚く、切なく、哀しい。虚構と現実の間で生きる二人の男の悲しい出会いと別れを岩手の自然を背景に、精細な色彩で見事に表現されている。静かだが心の奥底に染みて広がる最高のミステリー作品である。


映画『影裏』は2月14日(金)より全国ロードショー


(C)2020「影裏」製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「綾野剛」をもっと詳しく

「綾野剛」のニュース

「綾野剛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ