富士急「エヴァ」さらに充実、綾波レイプロデュース客室も

2月1日(火)12時3分 J-CASTニュース

「実物大エヴァンゲリオン2号機獣化第二形態THE・BEAST」完成イメージ

写真を拡大

   富士急ハイランド(山梨・富士吉田市)は2011年1月26日、映画「エヴァンゲリオン新劇場版」の世界を味わえる展示施設「EVANGELION:WORLD」の第2次計画を発表した。



   目玉企画は、11年3月19日にオープンする「実物大エヴァンゲリオン2号機獣化第二形態THE・BEAST」。「エヴァンゲリオン新劇場版:破」で、ザ・ビーストモードのエヴァンゲリオン2号機が基地内に突っ込み、主人公の碇シンジと対面するシーンを再現したもの。真希波・マリ・イラストリアスが話しかけてくる演出も楽しめる。また、特務機関「ネルフ」の基地施設再現ゾーンを設けるほか、展示アイテムも追加するなど、施設を一部リニューアルする。


   また、富士急ハイランド併設のオフィシャルホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」には11年3月1日、「綾波レイがプロデュースした」というコンセプトの客室「EVANGELION:ROOM」が1室限定で登場する。30平方メートルの室内には、DVD鑑賞装置を組み込んだ「エントリープラグ型ベッド」や、綾波レイの実物大フィギュア、アニメの原画(レプリカ)などを配置。ファンにはたまらない部屋になっている。


   宿泊料金は1泊1室3万7000円〜。予約は10年2月1日からホテルの公式サイト限定で受け付ける。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「プロデュース」をもっと詳しく

「プロデュース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ