板野友美、AKB年内卒業 電撃発表にファン衝撃

2月1日(金)17時17分 J-CASTニュース

13年2月1日、映画の公開初日舞台挨拶に登場した板野さん

写真を拡大

   AKB48板野友美さん(21)がグループを年内に卒業することが、2013年2月1日に明らかになった。



   板野さんは1期生としてAKB48に加入し、ソロデビューも果たしている中心メンバーだ。AKBはまた重要なメンバーを欠くことになる。


「AKBやばくない?」「どうなるんだ…」不安の声も


   板野さんの卒業は、2月1日公開の映画「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」で明かされている。さらにこの日行われた劇場公演でも、「ドキュメンタリーのインタビューで卒業への思いが強くなり、こういう形で発表させていただきました」と自らの口で卒業を発表した。


   板野さんは05年10月、「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、1期生としてグループに加入した。選抜総選挙では、09年7位、10年4位、11年8位、12年8位を記録し、高い人気を誇っている。11年1月にはシングル「Dear J」でソロデビューもしている。


   主力メンバーの卒業にファンは衝撃を受けている。ツイッターでは、「ともちん卒業かぁ…なんだか寂しいなぁ」「円満卒業でなにより、ありがとうともちん!」など、卒業への思いがつぶやかれている。「ともちんまぢか AKBやばくない?」「AKB今後、どうなるんだ…」など、グループの行く末を案じる声もある。

J-CASTニュース

「板野友美」をもっと詳しく

「板野友美」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ