協会理事に立候補もできなかった九重親方 八角vs貴乃花の理事長選にも重大影響

2月1日(月)12時25分 J-CASTニュース

現役時代はスーパースターだった千代の富士の理事立候補を支持する動きは見られない

写真を拡大

10年ぶりの日本出身力士の優勝で盛り上がった大相撲だったが、その直後の理事候補選で元横綱の千代の富士が立候補を取りやめ、暗い雰囲気が漂った。権力争いの土俵を見るようだ...。

初場所を終えてからの1週間は、琴奨菊フィーバーだった。2016年1月24日の千秋楽に優勝を決め、30日には結婚式と、相撲界は賑わった。だが、その間、親方たちは権力闘争に必死だった。



大横綱「千代の富士」が理事になれない



理事候補の選挙である。任期満了にともなう理事選挙(3月)を前に、その候補を選ぶ選挙が29日に行われた。琴奨菊結婚披露宴の前日だ。


立候補届けの28日に異変が起きた。


「立候補しない」

大横綱だった元千代の富士、九重親方が立候補を取りやめたのだ。2期ぶりの返り咲きを目指していたが、土壇場で放棄することになった。


「(票を)まとめられなかった」

理由をそう語っている。勝負にならないので降りたというわけである。


現在、投票権を持つ親方(年寄)は99人。定数10人に対し、11人が立候補して争ったのが今回の選挙である。



ファンからしてみると、千代の富士が理事にもなれないのは、不思議でならない出来事だろう。一時代を築き、大相撲を支えたスーパースターを支持する動きがないのは、どうしても理解できないところである。


「現役時代、後輩横綱だった北勝海(八角親方)が、急逝した北の湖理事長の後任に収まったとき、千代の富士の置かれた立場が分かったファンが多かった、と思う」

相撲記者の解説である。


そのうえ、理事復活を狙った今回の選挙に立候補すらできないのだ。現役時代と現在の落差に驚くばかりである。




高砂一門と出羽海一門の差



八角と九重は高砂一門に入っている。高砂一門の基礎票は12で、当選には9〜10票が必要となる。八角は現理事長だから立候補は当たり前なのだが、九重を当選させるには他の一門から8票の協力を得なければならない。その支持がなかったということである。


対照的に出羽海一門は前回より1名多い4人を立候補させ、全員当選を果たした。しかも10票の得票を得た山響親方(元幕内巌雄)は、新顔で基礎票4といわれたのに、6票も上乗せした。北の湖部屋を継承したばかりで、まだ45歳の若さだ。



焦点は理事長選に向けられている。


「八角親方と貴乃花親方の一騎打ち」

関係者の見方は一致している。若い貴乃花への支持はかなり広がっているという。山響親方は貴乃花と懇意にしているといわれ、若返りの変化が目立つ。挑戦を受ける形の八角親方は、本来なら強い援軍のはずの九重親方を頼りにできない有様なのだ。


大相撲の理事選というもう一つの土俵は票の奪い合い、権力争いで、ドロドロしたものを感じる。それにしても千代の富士はどうなっているのだろうか。


(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

J-CASTニュース

「九重親方」をもっと詳しく

「九重親方」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ