「日本一やる気のないアシスタント」吉田真由子、タイムリーすぎるバラエティ出演で注目度アップ!!

2月1日(月)17時30分 メンズサイゾー

 タレントの吉田真由子(42)が、1月30日に放送されたバラエティ『有吉反省会』(日本テレビ系)で、仕事に対して「まったくやる気がない」ことを明かし話題になっている。


 吉田といえば、長寿番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)のアシスタントとして活躍中。その期間は21年3カ月にも及び、『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送ほか)における岡部まり(56)の20年9カ月(降板済)や、『新婚さんいらっしゃい!』(前同)の山瀬まみ(46)の18年6カ月(継続中)を抑えて、「女性アシスタント最長記録ランキング」のトップだ。


 それだけ長く番組にかかわっているものの、吉田は「アルバイトみたいな感覚で芸能界に入って、このまま来ちゃいました、みたいな感じです」と、軽い気持ちで臨んでいることを有吉弘行(41)の前で告白。「今日は盛り上げるぞ! とは一度も思ったことがない」と、堂々と話し有吉を驚かせた。


 また、仕事へのやる気がないため、『鑑定団』以外への出演はほとんどなく、過去5年間のテレビ露出は3番組程度だという。吉田によると、『鑑定団』の収録は隔週土曜日に2本まとめて行われ、それが毎月の仕事のほぼすべてで、ひと月に「8時間程度しか働いてないんです」とのこと。そんな彼女は、実家の犬と遊んだり、部屋の掃除をしたり、ジムへ行くといった生活を送っているという。


 ただ、吉田としては「お仕事は好き」で、「毎日働きたい」との思いはあるそう。それでも、「心と体がついていかない」ため、なかなか仕事に力が入らないようだ。吉田は、2009年に『鑑定団』内で結婚を発表しており、ネット上の視聴者からは「ほぼ専業主婦だな」「働く必要があまりないんだろうね」といった声のほか、「逆にすごいことかも」と感心した人もいたようだ。


「『鑑定団』の初代MCを務めた島田紳助さんも、当時から吉田さんを"日本一やる気のないアシスタント"と言っていました。それというのも、骨とう品を持って番組に登場する依頼人の氏名や住所を読み上げるというシンプルな役割にもかかわらず、毎回カンニングペーパーを探していたからだそうです。そのためネット上の一部では、以前から彼女のやる気のなさは話題になることがあり、今回の『有吉反省会』での発言に対して『ようやく自分で認めたな』と、あまり驚いていない人も多い。


 ただ、最近の『鑑定団』といえば、開始当初からMCを務めてきた俳優の石坂浩二さん(74)降板の話題で持ちきり。すでに多くのスポーツ紙が伝えていますが、石坂さんは、収録時には積極的にトークを展開していながら、ほとんどカットされていたようです。原因はスタッフとのトラブルにあったとのことで、それが降板にもつながったと言われています。吉田さんも同時期に卒業すると発表されていますが、石坂さんの騒動と『有吉反省会』のタイミングが重なったことで彼女への注目度も上がるカタチとなりました」(ネットライター)


 この4月に大幅な番組リニューアルを行う『鑑定団』。ふたりの降板はその一環にすぎないといえるが、吉田だけが卒業となっていれば、あまり話題にならなかったのかもしれない。番組卒業は吉田にとって残念な話だろうが、石坂の降板劇の最中にやる気のなさを明かして注目を浴びた彼女は、"持っているタイプ"ともいえそうだ。20年以上アシスタントを務めた実績を武器に、新たな芸能人生を歩んでほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「日本一」をもっと詳しく

「日本一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ