「くやしいけど、僕は男なんだな」浜松町駅の小便小僧がアムロのコスプレ中

2月1日(木)18時17分 おたくま経済新聞


 2018年1月9日から2月27日まで、首都圏のJR線65駅で実施中の「ガンダムスタンプラリー」。それに合わせて、コスプレで有名な浜松町駅ホームの小便小僧も「ガンダム」仕様に変身している……という噂を聞いて、行ってきましたよ。

 浜松町名物、小便小僧があるのは山手線外回り・京浜東北線南行(横浜・大船方面)電車が発着する3・4番線ホーム。進行方向前寄りの田町駅側先端にあります。



 ありました。連邦軍のパイロット制服を着てます。多分アムロをイメージしてるんでしょうね。まさかジョブ・ジョンとかホワイトベースのブリッジ要員、マーカーやオスカってことは……ないですよね(笑)。





 後ろの作り込みもしっかりしています。小さいのに、よくできてますね。



 浜松町駅の小便小僧は1952(昭和27)年、当時新橋駅の嘱託歯科医だった小林光さんが寄贈したもの。初代は陶器製で、現在のブロンズ像は1955(昭和30)年に同じく小林さんから新たに寄贈された2代目です。台座は初代のものをそのまま使用しています。毎月変わる衣装は、現在港区の手芸グループが手作りしているそうなので、今回もそうかもしれませんね。

 ちなみに、浜松町駅のスタンプはズゴック。アムロのスタンプは中野駅に設置されています。



(文:咲村珠樹 / 写真:伊佐木零子)

おたくま経済新聞

「浜松」をもっと詳しく

「浜松」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ