竜装合体!「騎士竜戦隊リュウソウジャー」変形・合体ロボは「キシリュウオー」

2月1日(金)15時56分 おたくま経済新聞


 2019年3月17日に放送スタートする新番組「騎士竜戦隊リュウソウジャー」。その劇中に登場する変形・合体ロボの玩具が、放送に先駆け3月16日に株式会社バンダイから発売されます。

 新番組「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、スーパー戦隊シリーズ第43作目となる「騎士×恐竜」をモチーフにした作品。邪悪なドルイドン族の再来により危機が迫る地球を守るため、太古から地球を守り続けてきたリュウソウ族の選ばれし騎士・リュウソウジャーが封印の眠りから目覚めるという物語です。

 3月16日に発売となる変形・合体ロボット「騎士竜シリーズ01 竜装合体 DXキシリュウオー」(税込5616円)は、物語の主人公・リュウソウレッドの相棒(アミーゴ)となる騎士竜(きしりゅう)「ティラミーゴ」が変形したロボットを再現した玩具となっています。



 DXキシリュウオーは、番組の演出同様、「ティラミーゴ」からロボットへ変形させることが可能で、恐竜の顔をモチーフにした付属のキーアイテム「レッドリュウソウル」を変形し、合体させるとロボの顔となって「キシリュウオー」が完成。ロボット変形時の全高は約270mmです。

 また、全身23カ所に「竜装ジョイント」と呼ばれるブロックのようなジョイントパーツがあり、さまざまなパーツを組み換えることによって多様な形態のロボットを再現することも可能。

 別売りの「騎士竜シリーズ」として、リュウソウブルーとリュウソウピンクの相棒となる騎士竜がセットになった「騎士竜シリーズ02&03 DXトリケーン&アンキローゼ』(税込2808円)も同時発売されます。





 これらは、「竜装ジョイント」を用いて劇中に登場する別の合体ロボへの組み換えができるほか、3体を合体させることで、番組で大活躍するロボット「キシリュウオースリーナイツ」が完成。 商品の取り扱いは、全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売場、インターネット通販などで行われます。





(C)2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

情報提供:株式会社バンダイ

おたくま経済新聞

「地球」をもっと詳しく

「地球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ