“アイドルもここまで来ているんだぞ!” アイドルのコメントを交えながら「Live5pb.アイドル祭り2016」を振り返る

2月1日(月)18時0分 おたぽる

左上:イケてるハーツ 右上:アイドルカレッジ 左下:バクステ外神田一丁目 右下:アフィリア・サーガ

写真を拡大

 一昨年に開催された「Live5pb.2014」で、「来年あたりはアイドルライブに乗っ取られるでしょうね(笑)」と志倉千代丸がインタビューに答えていたが、今年1月16日に開催された「Live5pb.2016」では、本当にアイドルが勢いをつけていた【編注:Live5pb.2015は、開催されていない】。

「Live5pb.2016」の直前に開催された“前夜祭ならぬ直前祭”の「Live5pb.アイドル祭り2016」にはイケてるハーツ、アイドルカレッジ、バクステ外神田一丁目、そしてアフィリア・サーガと、ライブ本編に出演するアイドルが勢揃い。各アイドルの持ち時間も20分、4曲の歌唱と、ライブ本編での出演時間を上回るボリュームだった。

 本稿では、そんな「Live5pb.アイドル祭り2016」の模様を各ユニットのメンバーのコメントを交えながら振り返っていきたい。


■「王道アイドルソングで泣いたメンバーもいた」イケてるハーツ

 そのお得なアイドルライブのトップバッターは、2月10日に「Let’s stand up!」でメジャーデビューするアフィリア・サーガの妹分で、Stand-Up! Heartsから改名したイケてるハーツだ。“神曲”ともよばれるゲーム『Memories Off〜それから again〜』のオープニング「Drawing Again」のカバーから始まり、会場のボルテージを上げる。

 続く2曲目はデビューシングルの表題曲になっている、つんく♂作詞作曲の「Let’s stand up!」。メンバーの新ユウユに聞くと、「『ラーメン大好き小泉さんの唄』(こぶしファクトリー)のような変化球の曲が来るのかと思っていたら、王道アイドルソングをいただいて、聞いた瞬間に泣いちゃったメンバーもいました」とのこと。

 3曲目は、この日が初披露となった、志倉千代丸によるカップリング曲「私信確定」。かわいらしい「Let’s stand up!」とは打って変わり、内田琴音いわく「まさに千代丸さんらしい曲で、大人っぽいカッコいい曲調」の楽曲だ。「歌詞にも、オタク用語で視線を送るという意味の“レスを交わす”とかあったり、十字架のような振り付けがある“革命ロザリオ”という単語もすごく気に入っていたりします」と内田。また、越智かりんも「“華麗なるターン”という歌詞も私の勝手な解釈ですが、ステージに立っている私たちのことなのかなと思い、すごく嬉しかったです」と語る。

 ファンの反応も上々のようで、「カッコよくて、ライブでもどんどん歌ってほしいと言ってもらえました」(新ユウユ)、「間奏のメロディー部分がすごくて見入ったと言われました」(越智かりん)とのこと。内田は「個人的には、ゆの(由良乃ゆの)ちゃんと虹香ちゃんとの3人で、歌い出しを歌わせてもらっているので、そこをライブで観てもらいたいですね」とアピールしてくれた。

 ライブの最後は、「Let’s stand up!」DVD付盤のみに収録される「ハッピーエンド」。かわいらしい面も、カッコいい面も、全部見せてくれて、彼女たちを知るにはうってつけのライブだった。


■「東名阪ツアーは作戦練り中」アイドルカレッジ

 2組目のアイドルは、3月から4月にかけて、初のワンマンツアーを控えるアイドルカレッジ。登場のSEから華麗なアクロバットで魅せる、海老原優花と石塚汐花。このグループは、ライブでの盛り上げ方や魅せ方が本当にうまいと思う。筆者が観たところでは、4組の中で、一番盛り上がったかもしれない。

 かわいらしい「イチズレシピ」でライブが始まると、そのまま「トゥルーエンドプレイヤー」「#常夏女子希望!!!」とメドレーで続ける。「トゥルーエンドプレイヤー」では、手拍子がはじまり、メンバーもステージのギリギリまで詰め寄って観客を煽る。「#常夏女子希望!!!」では、冒頭の台詞につまずくまさかのハプニングがあったものの、彼女たちの元気のよいパフォーマンスが、会場を“常夏”にしてくれた。また、この2曲は間奏の、南千紗登らのキレのいいダンス、そして海老原と石塚のアクロバットパフォーマンスが見どころ。だが、同時にベストショットを押さえるのが難しく、カメラマン泣かせでもある。

 さて、怒濤のライブは鉄板盛り上げソング「いちごパフェ」で締められた。アイドルカレッジのパフォーマンスは、ぜひ生で観てもらいたいところだ。3月12日に大阪から始まる東名阪ツアーについて、南に聞くと、「その地、その地で違うことをやろうと思い、セトリもメンバーで一緒に考えていて、今、絶賛作戦練り中です。でも、違う雰囲気でどこもやるので、違いを楽しんでもらいたいです」と答えてくれた。

 ちなみに、ツアーで遠征する際にやってみたいことをたずねると、「大阪も名古屋も、ここ最近は行かせてもらっていますが、ご当地のご飯は食べているけれど、名古屋城など有名な場所は行ったことがないので、ちょっと行ってみたいです!」と南。どのようなツアーになるのか、今から楽しみだ。


■「少女マンガを読んで妄想するんですよ」バクステ外神田一丁目

 後半戦は、バクステ外神田一丁目からスタート。1曲目は、2月17日に発売するニューシングル「乙女心の鍵」。諸星あずないわく「とてもカッコいい曲調ですが、乙女心の切なさを歌った歌詞になっています」という、アッパーなダンスナンバー。朝倉ゆりも「“乙女心にある扉の鍵をどうか壊して”と、大人になりたい女の子が、恋してみたいという気持ちを歌っています。共感できる部分がたくさんあって、“なんて妄想するくらい許せるでしょ!”というところに、『わかるわかる』って思います」と語る。

 一方、カップリングの「The輝ける」の方が共感するというのは、この曲を「辛いときや苦しいときがあっても、続けていればきっと努力をした分誰もが輝けるという、エナジーソング」と語る広沢麻衣。「歌詞には共感できる部分があるので、歌っていて自分たちも元気や勇気をもらえます」と話す。浜口藍子も「5年目だから歌えるというか、続けてきたからこそ歌える曲だと思います」と加える。

 そうした彼女たちに、今回、Live5pb.でアイドルライブが別枠で設けられたことについて問いかけてみると、「『アイドルもここまで来ているんだぞ』というのを観ていただきたいと思います」と浜口。朝倉も「アイドルだからとか、アーティストだからとかいう枠じゃなくて、そういった枠をぶちこわして愛されるようになりたいです!」と意気込む。

「Live5pb.アイドル祭り2016」では、2曲目に「青春クロニクル」、3曲目に「アイドルがクラスメイトなのに、気付かないキミ達は情弱乙でしょ」と志倉千代丸の楽曲を披露。アイドルファンだけでなく、Live5pb.のファンにもアピールをした。ラストは、アイドルとしての成功を夢見る女の子の気持ちを歌った「今夜も…」。彼女たちが、よりいっそう輝いていくことを願いばかりだ。


■「お尻を触ってもらってうれしかった」アフィリア・サーガ

「Live5pb.アイドル祭り2016」のトリを務めたのは、新メンバーが加わったばかりのアフィリア・サーガ。力強さが漲る「Spark In My Heart 〜世界が終わるまで〜」、かわいらしい「ネプテューヌ☆サガして」、お祭りソングの「ジャポネスク×ロマネスク」、クラップの振り付けが印象的な「Embrace Blade」と4曲が続く。どれも盛り上がり曲ばかり。

 こうした楽曲のときに、どうしても目がいくのが煽りを担当するアヤミ・チェルシー・スノウだ。1曲目の「Spark In My Heart 〜世界が終わるまで〜」のサビで彼女が煽ると、観客が一斉に「Spark In My Heart」と叫び、のっけから会場が一気に盛り上がった。ラストの「Embrace Blade」では、クラップしながら飛び跳ねる彼女の姿が印象的。アヤミは、全力でライブをしている姿が、一番美しい。2月5日に卒業する彼女。もう、この姿が観られないのかと思うと、残念だ。

 一方、この日のステージで楽しみにしていたのは、新メンバーのカオリ・S・ゴドランド、カナ・R・ノーウィッチ、ユミ・W・クラインの3人のパフォーマンスだった。「Embrace Blade」が終わると姿を見せた3人だったが、彼女たちのステージデビューは、ワンマンライブ「約束のあの空の果てへ」の大阪公演まで、お預けとのこと。その瞬間のセンパイ(ファンのこと)たちの落胆は大きかった……。

 そこで、新メンバー3人に加え、3月に卒業するルイズ・スフォルツアの4人に、ルイズの卒業シングルで、新メンバー初参加シングルとなる「いつか見た虹のその下で」とレッスンの様子について聞いてみた。

「今回は、“ルイズ卒業シングル”って言い方をされるのですが、私の卒業シングルというイメージを強くしたくないと個人的には思っています。私が卒業した後、歌いづらくならないかとか、いろいろ考えちゃって」とルイズ。新メンバーのレッスンの様子をうかがうと、「3人とも、事前に私たちの練習風景を撮った動画を送っていたのですが、立ち位置のポジションは練習の直前にわかったにも関わらず、そのポジションのダンスを覚えてきていたので、頼もしいと思いました。もともとアフィリアの店鋪歴が長い子たちなので、アフィリアの世界観を大切にしているし、野心もあるので楽しみです」と太鼓判を押した。

 ルイズが大好きな新メンバーの3人も、「昨日、一緒にご飯を食べに行き、距離もどんどん近づいていると思います。でも、仲良くなるほど切なさも出てきます」(ユミ)、「セクハラを受けました! お尻を『かわいいね』って言って、触ってもらえてうれしかったです!」(カナ)、「ルイズさんもですが、先輩メンバーのみなさんは、わからないことを自分が聞く前に気づいて教えてくれるので、すごく助かっています」(カオリ)とコメント。

 新体制と変わってゆくアフィリア・サーガ。古参ファンにとっては名残惜しい部分もあるが、ユニットの進化を期待しながら見守りたい。
(取材・文/桜井飛鳥)

おたぽる

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ