お寺の"新名物"をフィーチャーした異例の写真集がロングセラーに! NHK「あさイチ」でも紹介!

2月1日(月)15時40分 Rooftop

unnamed-1.jpg

2019年9月刊行の『お寺の掲示板』(江田智昭・著)が異例のロングセラーとなっている。 発売から1年を過ぎてもなお、 じわじわと支持を広げており、 1月には13刷、 23,500部に到達。 同月28日にはNHK「あさイチ」でも「ガッツが出る本」として紹介、 ムーブメントとしての盛り上がりが続いている。

同書の内容はタイトルの通り、 全国各地のお寺の掲示板の写真がメイン。 そこに浄土真宗本願寺派僧侶の著者の解説が加えられるという構成。

お寺の掲示板は、 信徒でなくても目にするものだけに、 担当のお坊さんによっては、 かなり思い切った表現、 見る者をドキッとさせる“コピー”を載せることもあるようだ。 同書に掲載されたものは、 全国から著者の所属する(公財)仏教伝道協会に寄せられたものから厳選された「傑作選」だ。

代表的なものが、 表紙でも使われている一言。

「ばれているぜ」

お寺の前でこんな言葉を目にしたら、 肝が冷えるのではないだろうか。 何かを仏さまに見透かされたような気持ちになり、 思わず背筋が伸びるなんてこともあるかもしれない。

担当編集者によれば、 「仏教のエッセンスが詰まった言葉、 世相をとらえた言葉、 有名人の名言といったインパクトもさることながら、 『解説と共に読むと一種の仏教入門としても読める』といった声もあり、 派手さこそないものの発売以来、 ずっと売れ続けています」今秋には第2弾の刊行も予定。

Rooftop

「ロングセラー」をもっと詳しく

「ロングセラー」のニュース

「ロングセラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ