大戸屋の水菜は野菜工場で作られていた! 工場内部を潜入撮

2月1日(火)10時0分 NEWSポストセブン

大戸屋グリーンルーム

写真を拡大

 農業といえば、水と太陽と土があってはじめてできるものだが、この考えを覆したのが野菜工場の登場だ。光や温度などの環境条件を人為的にコントロールすることで、いつでもどこでも、作物の生産ができる最先端の農業だ。


 写真は定食でおなじみの大戸屋が水菜の生産を進める「大戸屋グリーンルーム」(山梨県山梨市)。1日の生産量は約30キロ、温度と湿度はもちろん、作業員が防護服を着用するなど徹底管理下のもとで作物が生産されている。


撮影■太田真三


※週刊ポスト2011年2月11日号

NEWSポストセブン

「野菜工場」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ