『麒麟がくる』南果歩演じる深芳野は元愛妾で側室、謎多き美女が災いをもたらす?

2月1日(土)20時0分 Techinsight

『麒麟がくる』深芳野役の南果歩

写真を拡大

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で深芳野(みよしの)役を務める南果歩が2月1日、インスタに斎藤高政役の伊藤英明と並ぶオフショットを投稿した。2月2日放送の第三回「美濃の国」から「いよいよ #深芳野 が初登場致します」というのだが、彼女が演じる深芳野は定かな史実上の記録が少なく、ドラマではどのように描かれるのだろうか。

『麒麟がくる』公式サイトの「相関図」によると深芳野は美濃の守護代・斎藤道三(本木雅弘)の側室で、美濃の守護・土岐頼芸(尾美としのり)の元愛妾とある。

深芳野と土岐頼芸の間に生まれた嫡男・土岐頼純(矢野聖人)は斎藤道三の娘・帰蝶(川口春奈)の夫だが、1月26日放送の第二回「道三の罠(わな)」で道三から毒殺された。

第三回「美濃の国」では道三が操りやすい土岐頼芸を美濃の新しい守護にしようとする段階を描いており、その流れで深芳野の初登場となるようだ。

深芳野はすでに道三の側室で、2人の間に生まれた嫡男が斎藤高政(伊藤英明)である。帰蝶は道三と正室・小見の方(片岡京子)の娘なので、高政とは異母兄弟となる。

第三回のあらすじに「内心、道三のことを嫌う頼芸は、高政に自分が実の父親であるかのようにほのめかす」とあるが、深芳野を巡る関係が後に災いを招くのではないか。江戸時代に編纂された『美濃国諸家系譜』によると深芳野は「美濃国一の美女」とあり、謎多き魔性の女というところだろう。

その深芳野を演じる南果歩は、1995年にミュージシャンで作家の辻仁成と結婚して長男が誕生するも2000年に離婚。2005年12月に俳優の渡辺謙と再婚したが、夫の不倫によって2018年5月に離婚した。

深芳野による土岐頼芸や斎藤道三との遍歴を思うと『麒麟がくる』の頃と時代背景が違うとはいえ、それを南果歩が演じることに時を超えた縁があるようで感慨深い。

ちなみに南果歩のインスタには「果歩さんとても似合って素敵です とても綺麗 番組楽しみにしてます」、「果歩さんのご登場楽しみにしていました」、「果歩ちゃんずっと観てるのでしっかり観ますね! イッテQこっちに取られてるかな!」などの反響があった。

主人公・明智光秀を演じる長谷川博己や斎藤道三役・本木雅弘、帰蝶役・川口春奈の他にも堺正章や門脇麦、岡村隆史、吉田剛太郎、大塚明夫などのキャストが注目を集めるなか、南果歩が演じる深芳野の登場でさら盛り上がりそうだ。

画像2枚目は『KahoMinami南 果歩 2020年2月1日付Instagram「#大河ドラマ #麒麟がくる 2月2日第3週目、いよいよ #深芳野 が初登場致します」』のスクリーンショット

Techinsight

「麒麟がくる」をもっと詳しく

「麒麟がくる」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ