“ベッキーの不貞容認”で炎上ボロ儲け狙いの矢口真里に「お前も休業しろ」の声

2月2日(火)17時59分 アサ芸プラス

 激ヤセ説なども流れ、“レッツ・ポジティブ”どころか、レッツ休業となってしまったタレントのベッキー。騒動当初は彼女を擁護していたタレント仲間の間でも、とばっちりは御免とばかりに“擁護撤回”を宣言する面々が増えてきているが、ここにきて“何にでも絡む”あの女がついにしゃしゃり出たことが話題となっている。

「“不貞先輩”の矢口真里ですね。彼女が2月2日放送の番組『わざわざ言うテレビ』(テレビ大阪)に出演、ベッキー騒動について『世の中の女は不貞行為をしている』『周りがとやかく言うことはおかしい』と発言しているというのです。ネットにこの番宣的な記事が出たわけですが、これにさっそく、とくに一般女性から怒りの声が殺到しているというわけです」(週刊誌記者)

「バカじゃないの? 男を家に連れ込んだアンタとベッキーは立場が全然違うよ!」「芸能界のクズ女のデータだけで“世の中”とか言うのは大迷惑」「お前も要らないから休業しろ」と怒とうの口撃だ。

 ところが、矢口の発言に怒りを通り越して、シラけきった白い目で見ている人たちもいる。

「炎上すればするほど儲かると発言したあたりから、だったら触るのがバカバカしいと、最近はネット民たちからも総スカン状態。彼女も内心アセっていたことでしょう。そこで、ベッキーの、LINEの内容が表に出るなどのリアルな騒動も終わり休業という最終段階にきてあえての擁護発言。タレントたちも発言を控えるようになったこの時点で、生活費稼ぎのための炎上を狙ったのではという見方です。本人の意図はわかりませんが、あながち間違った推測ではないと思いますね」(前出・週刊誌記者)

 自らのことを棚に上げ、さらにバッシングだらけのベッキーを擁護、世の中の女性をあえて敵に回すような発言で“商売”を目論んだと見透かされた矢口。本人は番組放送後に素直に炎上させてくれる単細胞ピーポーが多いことを願っているだろう。

(金子良太)

アサ芸プラス

「ベッキー」をもっと詳しく

「ベッキー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ