生後8カ月で蒸発した母と29年ぶりに再会、人気芸人が歩んだ破天荒人生とは?

2月2日(木)5時59分 アサ芸プラス

 東野幸治カンニング竹山など数奇な人生を歩んできた芸人は少なくない。そんな破天荒な人種が多い芸人の中でも群を抜いて数奇な人生を歩んでいるのが「バッドボーイズ」の清人だ。

 バッドボーイズはそろって暴走族出身。見かけは地味な清人だが、それとは違う波乱の道のりだった。

「実のお母さんが、清人を産んで8カ月後に蒸発したんです。そこからは、お父さんと祖母の3人暮らし。二十歳になった頃、母を探そうと役所に行ったんですが、手続きが難しすぎて断念。そのおよそ10年後、ダウンタウンの特番で父との親子漫才に挑戦すると、偶然その番組を観ていた母が、テレビ局に電話し、その着信履歴を吉本の関係者が辿っておよそ29年ぶりに再会したんです」(エンタメ誌ライター)

 まさに、芸に救われたイイ話。失われた時間を取り戻すべく、親孝行に励んでいるという。

 ちなみに、シングルファーザーとして育ててくれた父は、「大改造!!劇的ビフォーアフター」(テレビ朝日系)の企画で、ひとり住まいの実家をリフォーム。息子の清人が50万円の低予算で依頼して、佐田や暴走族時代の仲間たちが手伝い、親孝行に協力している。

 もはや「グッドボーイズ」に改名したほうがいいかも?

(北村ともこ)

アサ芸プラス

「芸人」をもっと詳しく

「芸人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ