吉木りさ、恋愛アプリにどハマり中! キャラありすぎて迷走中の指摘も...

2月2日(火)20時20分 メンズサイゾー

 グラビアアイドルの吉木りさ(28)が、1日に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、女性向け恋愛アプリの魅力を熱く語って話題を呼んでいる。


 吉木は、恋愛アプリにハマる女性代表として、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(34)とともに登場。イケメン戦国武将たちと恋愛ゲームを繰り広げ、「織田信長に温泉旅行に連れて行ってもらいました!」と目を輝かせた。


 そんな彼女に共演者は困惑した表情を浮かべていたが、放送中からTwitterなどには、「同じゲームで遊んでる」「私もやりたくなってきちゃった」とのコメントが上がっており、共感した視聴者も多かったようだ。


 その一方で、「ゲームにハマるタイプだったんだ...」と、人気グラドルである吉木と恋愛アプリの組み合わせに違和感を覚えた人もいた様子。デビュー以来、多くの男性をスレンダーボディで虜にし続ける吉木だけに、「意外」な一面に映ったのかもしれない。


「一時期は舞台や映画に出演するなど、女優業にも積極的なところを見せていた吉木さんですが、当然ながらグラビア色が強い。このところでは、バラエティなどでも活躍していますが、コンスタントにDVDや写真集を発売していますからね。ただ、そのグラドルイメージのほかに、以前からアニメや漫画が好きだと公言しており、オタク気質な部分があることはファンの間で知られていた。ボーイズラブ作品を愛好しているとも言っており、ガチ度はかなり高い。


 そうした一面に加えて、趣味や特技が豊富なタイプでも有名です。母の影響で小学生のころから民謡を習っており、三味線なども得意で、歌手デビューも果たしています。13年には小説『誰かさんと誰かさんがネギ畑』(竹書房)を発表しており、まさにマルチな才能の持ち主。とはいえ、あまり一般に知られていない部分もある。今回、恋愛ゲームにどハマりしている姿を見て驚いた人というのは、グラビアアイドル・吉木りさのファンといえそうです」(芸能ライター)


 人気グラドルとして長年にわたって活躍する吉木は、何事にものめり込んでしまう性格の持ち主なのかもしれない。ただ、その多才さがネックになっている部分も少なからずあるようだ。


「吉木さんといえば、テレビ東京系の深夜バラエティ『吉木りさに怒られたい』における"怒りキャラ"のほか、最近では"ラグビー女子"としても注目を浴びた。いずれも好評で、新たなファン層の拡大につながったと思います。しかし、その器用さが迷走しているように映ってしまうこともある。


 ネット上の一部では、さまざまな個性を持つ吉木さんに対して『いったい何がしたいのかわからない』といった声も上がっています。タレントにとってキャラは大事ですが、一貫性がないと受け止められてしまっては、逆効果になってしまうようです」(ネットライター)


 今回の放送で、さまざまな業界の"定年"が取り上げた際には、「グラビア界は今30代の人がかなり多く活躍していて、高年齢化も進んできている」と冷静な分析をした吉木。恋愛アプリにハマる女子として出演していながら、こうした発言がすぐに出てくるのも、それだけグラドルとして高い意識を持っているからだろう。


 多才なところを見せる吉木だが、やはり最大の魅力といえば男子を虜にするビジュアルに違いない。今後もグラビアを軸にしていけば、芸能活動は安泰といえそうだが...。
(文=aiba)

メンズサイゾー

「恋愛」をもっと詳しく

「恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ