SKE48・柴田阿弥、初の温泉ロケにファン大喜び! 今後のセクシー路線強化に期待

2月2日(火)17時0分 メンズサイゾー

 SKE48柴田阿弥(しばた・あや/22)が、初めての温泉ロケに挑戦してファンを喜ばせた。


 柴田は、1日放送の情報バラエティ『スイッチ!』(東海テレビ)に登場。ローカル番組だが、事前に柴田がTwitterなどで告知していたこともあり、放送中からネット上のファンは大盛り上がりとなった。


 この日、柴田はお笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコ(36)と共に、愛知県の渥美半島にあるホテルをリポート。施設内のビュッフェなどでご当地グルメを満喫した後、オーシャンビューが楽しめる絶景露天風呂へ。


 柴田と川村は、温泉ロケのお決まりスタイルであるバスタオルをカラダに巻いた姿で再登場。Hカップバストの川村に比べ、推定Dカップと言われる柴田の胸は少し寂しい印象もあったが、濡れた鎖骨やうなじはセクシーで、さっそくファンからは歓喜の声が寄せられた。


「このところの温泉番組といえば、迫力のあるボディを持つグラドルや大人びた魅力を放つ30代の女性タレントがよく起用されている。現役アイドルとなると、ありそうであまりない状況ですから、それだけファンには貴重なシーンとなったのでしょう」(芸能ライター)


 入浴中には何度も胸元に手を置き、タオルの位置を気にしていた柴田。グラドルの中には胸の谷間をこれ見よがしにアピールするタイプもいるが、柴田とすればそんな余裕はなかったのかもしれない。ただ、それがファンにとっては新鮮に映ったのだろう。ネット上には、セクシーな姿に対する興奮気味なコメントのほか、温泉ロケにトライしたこと自体を評価する意見も多数あった。


「SKE48の4期生である柴田さんは、グループの中でもベテランの部類に入る。そのため、ファンの間では卒業も近いのではと言われています。今年の春に大学を卒業する予定なので、そこで何らかの発表があるのではないかと推測するファンも多い。本人も以前はSKE48内でトップをとることを目標に掲げていましたが、最近では『喋れるタレント』になりたいとの発言が多く、今後についてしっかり考えているようです。


 メンバーからも『向上心が強い』と言われることがあり、14年に放送された『有吉反省会』(日本テレビ系)では、グループでテレビ出演しても、誰よりもカメラを意識してしまうことを反省していました。バラエティなどではトークしているメンバーの後ろで目を見開いてみたり、音楽番組でもパフォーマンス中に変顔を披露するなど、インパクトを残そうと必死でした。柴田さんも『映ったもん勝ち。やったもん勝ち』と言っていて、売れたいという気持ちは、かなり強いようです。


 そんな柴田さんですから、今後さらにテレビ露出を増やすためにも、バラエティではカラダを張ったところも見せてくれそうです。すでに男性誌上で水着グラビアも展開しているので、温泉番組にかぎらずセクシーな一面を見せてくれるかもしれません。『スイッチ!』では川村さんの爆乳が目立っていましたが、柴田さんもスタイルの良さには定評がありますから、それを最大限生かしてほしいですね」(前同)


 高校生のころからフランス語を勉強するなど、メンバーやファンの間では秀才キャラでも通っている柴田。昨年には、「夢のために一般教養を身につけたかった」との理由から、『秘書検定2級』の資格も取得した。そんな彼女は、アイドル卒業後の明確なビジョンがあるのかもしれない。ともあれ、今後の芸能活動を考えれば、さらに知名度や人気を上げたいところ。持ち前のタレント意識の高さを武器に、さまざまなシーンで爪跡を残してほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

「SKE48」をもっと詳しく

「SKE48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ