キンコン西野、100キロマラソン完走! 新成人のため雪に負けず激走

2月2日(金)21時38分 マイナビニュース

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、1日17時より動画配信サイト・SHOWROOMで配信された特番『豪華芸能人のプライベート24時間生配信”西野は新成人を救う” 』で100キロマラソンに挑戦し、見事完走した。

振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」の被害に遭った新成人のため、4日に「リベンジ成人式」を開催する西野。番組冒頭でスタッフから、新成人に勇気と希望を与えるための100キロマラソン企画が発表され、急きょ挑戦することに。以前から西野が「走りたい」と話していたこと、そして、新成人への西野の気持ちをくみ取り、この企画を思いついたという。

コースは、小田原城をスタートし、江の島、鎌倉、戸塚、横浜、多摩川を通って駒沢公園までの100キロ。無謀な当日発表、そして雪も降る悪天候の中での挑戦となったが、1日19時にスタートしてから約24時間後の2日19時10分、見事ゴール地点の駒沢公園でゴールテープを切った。

SHOWROOMの代表取締役社長・前田裕二氏やスタッフ、SHOWROOMで活躍する配信者たちに迎えられてゴールした西野は「やったー!」と喜び、「よかった」と安堵の表情。「痛い痛い」と体は限界を超えているようだったが、「『頑張って』というコメントが本当に励みになりました。超楽しかった。やってよかった」と達成感に満ちあふれていた。

ゴール直後の西野に取材したところ、最初は「嫌だな」と思うも、「いけるんじゃないの?って軽く思っていた」とのこと。実際に走ってみて「雪が大変だった。脚は本当に痛い。最後は気合で走り切りました」と振り返り、なぜいきなり100キロ走れるのか不思議がると「毎朝10キロくらいはジョギングしています」と日々走っていることを明かした。

また、4日のリベンジ成人式について「目下、準備中です。むちゃくちゃやってます」と言い、「楽しく終われるといいですね」とにっこり。最後に「SHOWROOMおもしろい。盛り上げていきたいです」と話した。

番組での共演をきっかけに西野と親しくなったという前田社長は「100キロなんで絶対無理だと思っていた。まさか走り切るなんて」と驚きの表情。ゴール後に熱い抱擁を交わし、仲間の健闘を称えた。

マイナビニュース

「マラソン」をもっと詳しく

「マラソン」のニュース

BIGLOBE
トップへ