GLAYが21年連続シングルTOP10、最新シングル「G4・IV」が初登場1位に。

2月2日(火)4時0分 ナリナリドットコム

ロックバンド・GLAYの最新シングル「G4・IV(彼女はゾンビ/Scoop/Supernova Express 2016/空が青空であるために)」(ポニーキャニオン/1月27日発売)が今週発表の最新2月8日付けのオリコン週間シングルランキング(集計期間:1月25日〜31日)が発売初週売上3.9万枚で、初登場1位を獲得した。

GLAYのシングル1位は通算24作目で、2008年6月23日付けで「VERB」(2008年6月発売)が獲得して以来、およそ7年8か月ぶりとなる。またGLAYは、1996年1月29日付けで「グロリアス」(1996年1月発売)が4位を獲得して初TOP10入りを果たして以来、21年連続(1996年〜2016年)のシングルTOP10入りを達成。21年連続のシングルTOP10入りは、V6(1995年〜2015年)、安室奈美恵(1995年〜2015年)と並んでアーティスト歴代トップタイの記録となった。

今作はメンバー全員がそれぞれ書き下ろした楽曲が収録される「G4」シリーズの第4弾。今年3月に開通する北海道新幹線の開業イメージソングとして話題の「Supernova Express 2016」(作詞作曲/TAKURO)や、TVアニメ「ダイヤのA -SECOND SEASON-」新オープニング・テーマに起用された「空が青空であるために」(作詞作曲/TERU)など全4曲が収録されている。

ナリナリドットコム

「GLAY」をもっと詳しく

「GLAY」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ