「水曜日のダウンタウン」で本多知恵子さん紹介

2月2日(木)0時1分 ナリナリドットコム

2月1日に放送されたバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、2013年2月に亡くなった声優の本多知恵子さん(享年49)が紹介され、Twitterなどネットでは本多さんを偲ぶ声が上がっている。

この日、番組では「様々なジャンルの1人複数役作品を調査」として、映画や舞台、アニメで「1人○役」をやっている作品を調査。アニメでは「劇場版ヤッターマン」で山寺宏一が16役、「バカ昔ばなし 劇場版〜じじいウォーズ〜」では温水洋一が24役、ベルギーの人形アニメ「パニック・イン・ザ・ヴィレッジ」ではピエール瀧が45役を演じていたことが取り上げられた。

そして、“1人で最も多くの役柄を演じた声優”として、名前と顔写真が紹介されたのが本多さん。1994年の作品「超くせになりそう」(NHK BS2)第37話で、実に365役を演じていたという。エンドロールには役名として「モモコプリシラ」「ももこぷりしら」「363人のモモコ」と記載されていることが、実際の映像で確認された。

番組では本多さんについてそれ以上触れることはなかったが、人気番組に突然本多さんの名前が出てきたことに驚いた視聴者は多かったようで、ネットでは「まさかの本多知恵子さんに泣きそう」「この番組で本多知恵子氏の名を聞くとは…」「水曜日のダウンタウンで本多知恵子さんの名前が出るとは…」「本多知恵子さんや…(涙)」「まさか2017年に入って本多知恵子の名を聞くとは思わなかった」「そろそろ本多知恵子さんの命日だ」などの声が続々と上がっている。

本多さんは1980年代から女優・声優として活動したが、2013年2月18日に多発性ガンのため亡くなった。

代表作はアニメ「燃える!お兄さん」の国宝雪絵役や「キテレツ大百科」の野々花みよ子(みよちゃん)役(2代目)、「機動戦士ガンダムZZ」のエルピー・プル役、「コメットさん☆」のメテオ役、「サイレントメビウス」の闇雲那魅役、「少女革命ウテナ」の薫梢役、「まじかる★タルるートくん」の江戸城千鶴役、「夏目友人帳」の笹後役など。

ナリナリドットコム

「ダウンタウン」をもっと詳しく

「ダウンタウン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ