これぞ「ナイアガラ・トリビア」! 大滝詠一の名作『ロンバケ』40周年記念盤ジャケットデザインのマニアックなこだわりとは!?

2月2日(火)14時10分 Rooftop

A LONG VACATION 40th Anniversary Edition.jpg
A LONG VACATION 30th Edition.jpg

大滝詠一が1981年3月21日に発表したアルバム、『A LONG VACATION』の発売40周年を記念して『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』が2021年3月21日 にリリースされる。

日本の音楽シーンに燦然と輝く名盤『ロンバケ』は、永井博氏のイラストによるジャケットデザインが非常に印象的なアルバムで、1982年には世界初のCDとして選ばれ、以後も、1989年「リマスター」盤、1991年の「CD選書」盤、2001年の「20th Anniversary Edition」盤、2011年の「30th Edition」盤と、現在までに複数回再発売されてきた。

しかし、実はCD化に際してジャケットの一部が変更されていたのだ。

そこで、2021年3月21日 に発売される40周年記念盤『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』では、1981年のオリジナル・アナログ盤同様、アルバムタイトル上部のヤシの木のパターンと右上の品番表記が復活。細やかな箇所ながら40年前にリリースされたアートワークが忠実に再現されており、ナイアガラレコード作品ならではの細部にまでこだわった仕上がりになっている。

発売前から大きな話題となっている『A LONG VACATION 40th Anniversary Edition』は、CD4枚+Blu-ray Disc+レコード2枚組+カセット+豪華ブックレット+復刻版『A LONG VACATION イラストブック』+ナイアガラ福袋がセットになった「40周年記念VOX」と、CD、レコードの3種類のパッケージで2021年3月21日 にリリースされる。

Rooftop

「ロンバケ」をもっと詳しく

「ロンバケ」のニュース

「ロンバケ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ