退院した小林麻央が初めて主治医に尋ねたひとこと

2月2日(木)7時0分 NEWSポストセブン

闘病3年目。医師に初めて尋ねた言葉

写真を拡大

《今日、退院してまいりました!!》。小林麻央(34才)は1月29日、都内の大学病院を退院して自宅に戻ったことをブログで報告した。およそ1か月ぶりのわが家。長女の麗禾(れいか)ちゃん(5才)が作ったピンクのティアラをかぶり、長男の勸玄(かんげん)くん(3才)が描いた絵を手に持った笑顔の麻央には、病室では見せない「母の眼差し」が溢れていた──。


 麻央は乳がんが肺や骨に転移したステージ4であることを公表している。


「昨年秋頃には乳がんへの使用は国内未承認の治療薬を使ったり、今回の入院では骨への放射線治療をしたりしたそうです。ただし、状況は一進一退。副作用で食事が喉を通らず、耐えがたい痛みがあることもある。皮膚への転移も見つかりました。今後の治療方針は、とにかく痛みをコントロールしていくことでしょう」(麻央を知る関係者)


 麻央は退院後に《今回の入院は底まで行って、考え、弱気になりました。暗くなりました。》(29日ブログ)と吐露している。


 乳がんの発覚からおよそ800日──それまで胸の奥底に押さえ込んできた気持ちを、麻央は退院2週間前、思わず口にしたという。


 その言葉が記された1月13日のブログは、いつものように誰でも読める設定ではなく、会員限定の記事であり、冒頭にこんな言葉があった。


《悲しい気持ちになる方もいるかもしれないので、読みたい方だけご覧ください》


 どれだけつらい状況でも、常に前向きな記事を載せてきた彼女にしては、非常にめずらしい文言だった。


「胸に皮膚転移が見つかり、お腹にも同じ可能性があるしこりが見つかって麻央さんはひどく落ち込んだそうです。口をついて出た言葉が『あとどのくらい生きられますか』──だった。闘病3年目で、このことを尋ねたのは初めてだったそうです。



 主治医から『全身療法が効けば生きられる』と言われたものの、自分が余命を聞いたことも、会話の内容も家族にはすぐに報告できなかったそうです。それでもその後、海老蔵さんの見舞いで元気が出た麻央さんはバナナ1本を必死に食べたそうで、『私は今、がんばるべき時』と改めて病魔と闘う覚悟をつづっていました」(芸能関係者)


 子供たちは幼稚園の年少と年中。母として健やかに育っていく2人を見届けたい、大人になるまで、高校生になるまで、せめて小学生になるまで…。日々成長する子供たちに向き合いながら、もしその時間に限りがあったら…という不安がよぎる。1分1秒でも惜しい。そんな思いに駆られ、「残された時間」を問いかける──母として誰もが抱く思いだろう。


 麻央は以前のブログ(2016年10月3日)でも「余命」についてこう語っていた。


《私は、一般的には、根治は難しい状態と言われるかもしれません》《5年後も10年後も生きたいのだーっ あわよくば30年! いや、40年!》


 夫の市川海老蔵(39才)も1月9日に放送された『市川海老蔵に、ござりまする』(日本テレビ系)で、「早かったら(2016年の)3、4、5月でたぶんダメだった。夏は絶対無理だと思った」と、麻央が昨年の夏を越せないと思っていたことを明かしていた。


※女性セブン2017年2月16日号

NEWSポストセブン

「退院」をもっと詳しく

「退院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ