氷川きよし、20周年記念ライブで決意新たに「自分らしさを追求できたら...」

2月3日(日)13時50分 AbemaTIMES

 デビュー20周年を迎えた演歌歌手の氷川きよし(41)が2日、中野サンプラザで全国ツアー・東京公演を行った。


 2000年2月2日に「箱根八里の半次郎」でデビューした氷川。ファーストライブを行った思い出深い会場である中野サンプラザには、2日間4公演でおよそ8800人のファンが詰めかけた。


 氷川は「演歌歌手という原点を忘れないで、演歌も歌いながらいろいろな歌を表現して。衣装もそうですし、自分らしさを追求できたらいいなと思っているしだいでございますんですよ」と茶目っ気を出しつつ決意を新たにした。


 ステージでは、3月12日発売の両A面シングル「最上の船頭/大丈夫」など23曲を熱唱。デビュー記念日の喜びをファンと共に分かち合った。

AbemaTV/『AbemaNews』より)


QUEEN史上最大&最後の伝説ツアー「ブダペスト1986」特別上映

AbemaTIMES

「氷川きよし」をもっと詳しく

「氷川きよし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ