生田斗真が歌舞伎に挑戦!熱視線を送る“光源氏”のファンとは!?

2月3日(月)7時15分 アサジョ

 俳優の生田斗真が、歌舞伎の舞台に挑戦することが明らかにった。出演するのは 2020年劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎「偽義経冥界歌(にせよしつね めいかいにうたう)」。昨年3月から4月まで行われた大阪・金沢・松本公演に続いて、今年の2月15日からは東京と福岡で上演。ここで主演する生田は、源九郎義経を演じている。

「1月21日には同公演の記者会見も行われました。この作品は、脚本家・中島かずきが偽物説や影武者説など様々なドラマティックな謎に包まれた“源義経”をモチーフに書き下ろしたもの。中島は、本作について『生田くんが高校生の頃に出会って以来、ずっと書き下ろしでやりたいと思っていました。それで今回結局バカな役になってしまい、あいすまんと思いながら(笑)、でもとても魅力的な役です』とコメント。生田は『お客様が観たい劇団☆新感線のお芝居ができたと思っています。いのうえ歌舞伎でしか見られないスペクタクルです』と手応えを感じているようです」(エンタメ誌ライター)

 生田は舞台の公式サイトでも「源義経の偽物の役どころになりますが、歴史上の人物を描きながらも、僕が属するチームのパートは意外と自由にやれそうだとも思っていて。あまり型にハマり過ぎず、舞台上で縦横無尽に飛び回りたいですね」と自信の程をのぞかせている。

 このサイトでは、義経の衣装を着て烏帽子を被った生田のビジュアルも公開。そんな生田、過去に出演した映画でも同様の衣装を着て、ファンの間で評判を呼んだことがある。

「生田は、2011年に公開された映画『源氏物語 千年の謎』で主演の光源氏を演じました。平安貴族の衣装に身を包み、恋多きプレイボーイを熱演した生田の姿に、当時はネットで『生田斗真イケメン過ぎるだろおおお!!!!!!!!!! 光源氏似合う似合う』などといった歓びのコメントが躍りました」(前出・エンタメ誌ライター)

 また、昨年の「偽義経冥界歌」が上演された際も、ツイッターで「光源氏の斗真も好きやけど、義経もかっこよき」というつぶやきも上がった。2月15日から上演される「偽義経冥界歌」、当時の生田に魅了されたファンにとって、たまらない作品になることは間違いなさそうだ。

(窪田史朗)

アサジョ

「歌舞伎」をもっと詳しく

「歌舞伎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ