実写映画『銀魂』 高杉晋助率いる鬼兵隊のビジュアルが一挙公開!佐藤二朗「原作ファンの感情を逆なでしないことを祈っています」

2月4日(土)7時0分 BIGLOBEニュース編集部

(c)空知英秋/集英社(c)2017「銀魂」製作委員会

写真を拡大

豪華俳優陣による人気作品の実写化で話題の映画『銀魂』。小栗旬演じる坂田銀時ら続々とビジュアルが公開される中、今回は物語の重要な鍵を握る「鬼兵隊」のキャラクタービジュアルが一挙に公開された。


「鬼兵隊」は、堂本剛演じる高杉晋助が率いる攘夷過激派武装集団。新井浩文は、盲目にもかかわらず居合い切りの達人で、人斬り似蔵と呼ばれている岡田似蔵を怪演。ビジュアルでもその危険な空気を漂わせる岡田を再現している。劇中では小栗演じる銀時との激しいバトルシーンがあり、ギリギリのアクションシーンに挑んでいる。


菜々緒は、二丁拳銃の使い手で「紅い弾丸」の異名を持ち、露出度の高い来島また子を抜群のスタイルで完全再現。役作りについては、口癖の「○○ッス」の発音が不安だったというものの、個性的な衣装のキャラクターとあって、「衣装やウィッグを初めて身に着けた時、これなら、来島また子に近づけるかもしれないと感じました」と明かした。


佐藤二朗演じる武市変平太は、鬼兵隊の頭脳で冷静沈着、個性あふれる鬼兵隊の中でも“変人”と呼ばれる謀略家。個性たっぷりに演じた佐藤は、「高杉一派の一人でありますし、鬼のように強い鬼兵隊の一人ということで、それをちゃんと意識してやりました。という今の僕のコメントが逆に原作ファンの感情を逆なでしないことを祈っています」と恐縮気味。しかし、ビジュアルでは飄々とした武市を見事に再現している。


万事屋3人に続いて桂&エリザベス、妙と源外、そして鬼兵隊のキャラクタービジュアルが公開された実写映画『銀魂』は、2017年7月14日に全国公開される。


脚本/監督:福田雄一
主演:小栗旬
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画


(c)空知英秋/集英社
(c)2017「銀魂」製作委員会

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「銀魂」をもっと詳しく

「銀魂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ