嵐の全面広告にファン「泣かずにはいられません」 「今日も未来もsmile again」

2月3日(日)17時8分 J-CASTニュース

2月3日の読売新聞朝刊(東京本社版)より

写真を拡大

人気アイドルグループ「嵐」が2019年2月3日の読売新聞朝刊に全面広告を掲載した。

2020年末での活動休止を電撃的に発表してから1週間。ファンに向けてのささやかなプレゼント広告だ。




5人には笑顔が似合う


J-CASTニュース編集部が2月3日付の東京本社版(12版)を確認すると19面に一面すべてを使った広告があった。真っ黒の背景を前に黒いシャツを着たメンバー5人の写真が輪を描くように配置。そして中央には、嵐の楽曲「感謝カンゲキ雨嵐」から引用したとみられる、


「今日も未来もsmile again」

とのメッセージが添えられる。広告右下にはツアー「5×20」と嵐、所属するレコード会社であるジェイ・ストームのロゴがそれぞれ掲載されている。


この広告の存在はツイッターやブログを中心に広まり、読売新聞社広告局のツイッターアカウントも、


「日曜日の朝、おはようございます。#嵐 の #新聞広告 が本日の #読売新聞 朝刊に。やっぱり5人には笑顔が似合います。smile again ありがとう」

とやはり「感謝カンゲキ雨嵐」のワンフレーズも用いて知らせた。


デビュー記念日である2018年11月3日から月に一回のペースで読売新聞に広告が掲載されており、今回で4度目。前回は1月14日の朝刊に掲載された成人の日に合わせたもの。今回は2020年末での活動休止発表後、初めての広告掲載で、ファンへのメッセージともとれる内容だ。そのためツイッター上のファンからは、


「この笑顔見せられたら泣かずにはいられませんね(涙)」

「ARASHIらしい 笑顔と言葉 ファン想いですね」

「嵐が発表からずっと、ファンの動揺に寄り添おうしてくれてるようで、ずっとケアしてくれてるようで涙がでます」

といったコメントが寄せられている。

J-CASTニュース

「嵐」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「嵐」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ