ライブで失神のGACKT「大きな怪我はない。歯がグラグラするだけだ」 ファン「結構重大ですよね??」

2月3日(月)15時50分 J-CASTニュース

GACKTさん(2015年撮影)

写真を拡大

ミュージシャンのGACKTさんが2020年2月3日、ライブ中に失神したことについて「大きな怪我はない」と無事を報告した。


GACKTさんは名古屋でのライブで、ギターが顔に当たって気を失ったとツイッターに投稿。ファンから心配の声があがっていた。



「みんな心配かけてすまない」



GACKTさんはソロデビュー20周年を記念した全国20公演のツアーを1月から実施中。2月1日は名古屋でライブだったが、翌2日昼、



「昨日の名古屋公演、ギターで顔面強打。。。ステージの上で完全に気を失ってしまった。。。」


とトラブル発生を報告した。ケガの容態など詳細は明かしていない。



まさかの事態にファンからは「失神してしまう程のアクシデント、お顔へのダメージが気になります」「大丈夫ですか!?心配です」「腫れや傷痕とか大丈夫でしたか?」と気遣う声が届いていた。



そうした中、翌3日にGACKTさんはツイッターを更新し、



「みんな心配かけてすまない。ギターが顔面に当たって気を失ったが幸い大きな怪我はない。歯がグラグラするだけだ」


と伝えた。大事には至らずとも、少し影響は残っているようだ。



報告を受け、「安心しましたが歯がグラグラするのも結構重大ですよね??」「歯...折れないで良かったですね」「歯がグラグラって〜 まぁでも大きな怪我がなくて良かったです あまり無理はしないでくださいね」と労う声が続々届いた。



GACKTさんのライブツアーは2月29日まで続く。





J-CASTニュース

「GACKT」をもっと詳しく

「GACKT」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ