アニメ『へやキャン△』河口湖に到着した3人が向かった先は【第3話】感想コラム

2月3日(月)19時0分 JMAG NEWS

2018年1月〜3月に放送され大ヒットしたTVアニメ「ゆるキャン△」。2020年1月6日よりシリーズ最新作であるショートアニメ『へやキャン△』が好評放送中です。この記事では、原作コミックは勿論のこと、アニメ『ゆるキャン△』を全て視聴し、身延で開催されるイベントにも参加するほどの筆者が『へやキャン△』第3話「激走!河口湖ラリー」のふりかえり&感想、そして聖地について解説していきます。

アニメ『へやキャン△』第3話「激走!河口湖ラリー」ふりかえり

富士五湖の1つ「河口湖」、富士山を背に河口湖大橋を自転車で走る野クルの3人だが、自転車で進むことが思った以上に過酷であることに気が付く千明とあおい。しかし、そんな2人の苦労を物ともせず楽しく先に進むなでしこ。そこに2台の自転車が猛スピードで3人を追い越していくと、その姿に負けじと自転車を必死に漕ぐ3人。

スタンプが設置されていたのは河口湖の北岸ある大石公園の施設付近。そこで出会ったのは河口湖大橋で見た自転車の2人、実は夫婦で旅をするサイクリスト。「富士山の集いモニュメント」の前でカメラのシャッターボタンを押して欲しいとお願いされると快く応じる3人。

これまで撮影してきた2人の写真を見せてもらいながら、梨っ子スタンプラリーが自分たちの高校時代の思い出となることをしみじみと語るなでしこであった。

アニメ『へやキャン△』第3話「激走!河口湖ラリー」解説&感想

写真提供:やまなし観光推進機構

河口湖大橋は1987年に美しい景観をもつ道路として「日本の道100選」に選ばれた長さ500メートルの大橋です。元々は交通渋滞解消を目的に有料道路として建設されましたが、無料化により今では地元の人、そして河口湖越しの富士山を見に多くの人が利用しています。

なでしこ達の今回の目的地は大石公園でした。全長350mに渡り、90種類以上の花々が春夏秋冬、6月〜7月のラベンダーを中心に、四季折々様々なお花を見ることができます。真冬の晴天時には富士山が綺麗に見られるそうです。

夫婦の記念撮影をしたのは、北は北海道から南は沖縄まで全国340以上あると言われている“ふるさと富士(郷土富士)”から石を重ねて作られた「富士山の集いモニュメント」。

前々回から始まったなでしこ達の旅は富士山世界遺産センターから河口湖大橋を通って大石公園まで進んだわけですが、かなりの距離になってきました。車で約1時間位です。さて、3つ目のスタンプは?この後はどこに向かうのか全く予想ができませんが、引き続き見守っていきたいと思います。

河口湖.net https://kawaguchiko.net/park/oishi-park/

スポンサーエリア

TV アニメ「ゆるキャン△」 第3巻【Blu-ray】 [ 花守ゆみり ]

価格:12,320円
(2020/2/2 07:07時点)
感想(0件)

ショートアニメ『へやキャン△』概要

放送情報

・AT-X:2020年1月6日(月)より毎週月曜20:55〜
【リピート放送:毎週 (水)12:55/毎週(金)28:55/毎週(日)23:55】
・TOKYO MX:2020年1月6日(月)より毎週月曜21:54〜 
・BS11:2020年1月6日(月)より毎週月曜21:54〜 
・山梨放送:2020年1月12日(日)より毎週日曜11:25〜

イントロダクション

「わたしたいじかんが、あります。」

TVアニメーション『ゆるキャン△』シリーズ、2年ぶりの新作。
もうひとつのアウトドア系ガールズストーリーがはじまります。

2018年の冬に放送されたTVアニメ—ション『ゆるキャン△』が、この冬、ショートアニメーション『へやキャン△』となって帰ってきます。

マンガアプリ『COMIC FUZ』(芳文社)にて連載中のあfろによる短編スピンオフ『へやキャン△』を原作・原案とする本作のメインスタッフには、『ゆるキャン△』に携わったチームが集結しました。
監督は神保昌登。『ゆるキャン△』ではOPコンテ・演出を手掛け、『異世界食堂』『川柳少女』などの監督・脚本も務める気鋭の演出家です。
さらに『ゆるキャン△』のサブライターとして参加していた伊藤睦美を、自身初のシリーズ構成として抜擢。
キャラクターデザインの佐々木睦美、アニメーション制作のC-Stationも続投し、新たにスーパーバイザーとして京極義昭を迎えました。
声の出演は、もちろん花守ゆみり・原紗友里・豊崎愛生東山奈央・高橋李依などおなじみの声優陣が担います。
そして、劇中の音楽を担当するのは『ゆるキャン△』と同じく立山秋航。
今回はなんと全編フィルムスコアリングに挑みます。

ひとつひとつはちょっぴり短いお話ですが、
つなぎあえばきっとあたらしい物語に出会えるはず。

2020年のはじまりに、
わたしたいじかんが、あります。

ストーリー

野クル、旅に出る!

野外活動サークル、略して野クル。部員はたったの3人。
山梨県の片隅に校舎を構える本栖高校、さらにその隅にある部室棟の、「うなぎのねどこ」みたいな一角を部室として使用するゆるーいアウトドアサークル。
今日も今日とて各務原なでしこが狭い部室で暇を潰していたところ、大垣千明と犬山あおいが突然「今から旅に出るぞ!」と告げる。
おろおろするなでしこを連れ回し、野クルメンバーたちが山梨中を東奔西走。
各地の名物を味わい尽くして繰り広げる女子高生の珍道中、旅のゴールはどこだ!?

スタッフ

原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督:神保昌登
シリーズ構成・脚本:伊藤睦美
キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木睦美
スーパーバイザー:京極義昭
制作プロデュース:DeNAコンテンツ企画部
アニメーション制作:C-Station

キャスト

各務原 なでしこ:花守ゆみり
志摩リン:東山奈央
大垣千明:原紗友里
犬山あおい:豊崎愛生
斉藤恵那:高橋李依

公式HPhttp://yurucamp.jp/
公式Twitter @yurucamp_anime

©あfろ・芳文社/野外活動サークル

JMAG NEWS

「アニメ」をもっと詳しく

「アニメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ