家入レオ、自身が作詞を手掛けた新曲「Moon」のリリックビデオを公開

2月3日(水)0時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



1月20日(水)にシングル「空と青」をリリースした家入レオが、同作のカップリング曲として収録され、作詞を家入自身が担当、作曲をXIIX(テントゥエンティ)としても活動するベーシストの須藤優が担当した楽曲「Moon」のオフィシャルリリックビデオを家入レオオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した。

同リリックビデオは、これまでのMVと同じく全編にわたって本人が出演し、撮影場所はなんと家入の自宅。いつもの椅子にいつものマグカップ、そしていつもの部屋着という、飾らない自然体の家入を映像に収めている。そんな彼女が月の光が差し込む部屋に佇む姿を1カットで撮影した映像に愛用の万年筆を使って自身が書いた歌詞を載せたリリックビデオは、シンプルながらも一瞬にして楽曲の世界観に入り込める作品となっている。楽曲に込めた自らの想いを映像でも表現したいという気持ちから生まれた今回の今作をぜひとも堪能してほしい。

彼女は、2月9日(火)にNHK『うたコン』への生出演も決定。併せてチェックしよう。

【家入レオ コメント】

「すべての事柄には必ず、時機がある。数年前に須藤優さんから「Moon」のメロディが届き、時が満ちた今。とても私らしい作品ができました。

小さい頃から幸せを感じると次の瞬間には、それを失った時の準備をはじめているような子で。生まれ持った気立ては仕方のないものだけど、過去の自分に何か一つ伝えることが出来るなら、今を薄めずに生きてと言いたいです。

人は時間に守られ、奪われ、生きている。悲しみも時が経てば、笑い飛ばせてしまうし、人を好きになる喜びにも、慣れが忍び寄る。

変わらないものなどない。在るのは今この瞬間だけ。どんな時も立ち止まれない人生の刹那と日々立ち止まることなく繰り返される月の満ち欠けをリンクさせて書いた歌詞です。

朝起きて寝るまで、なんてことのない毎日を送っている私の家を撮影場所とすることで、生きることのなんでもなさとそんな瞬間でも二度と戻っては来ない尊さが、リアルに描き出せたのではないかと思います」

シングル「空と青」

2021年1月20日(水)発売

【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1849/¥1,800(税別)
<収録曲>
■CD
01. 空と青
02. Moon
03. 未完成(tofubeats remix)
04. 空と青(Instrumental)
05. Moon(Instrumental)
■DVD
01. 空と青(Music Video)
02. 空と青(Making Movie)

【通常盤】(CD)
VICL-37580/¥1,200(税別)
<収録曲>
※初回限定盤のCDと同じ

※各オンラインショップにて販売中!
https://ieiri.lnk.to/soratoao

OKMusic

「YouTube」をもっと詳しく

「YouTube」のニュース

「YouTube」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ