坂本龍一とつんく♂が初の共同制作! 小児がん治療支援チャリティーライヴのテーマソング 『My Hero〜奇跡の唄〜』配信リリース決定!

2月3日(水)11時26分 Rooftop

100091_メインビジュアル.jpg

毎年2月15日の「国際小児がんデー」に開催している小児がん治療支援を目的としたチャリティーライヴ「LIVE EMPOWER CHILDREN」プロジェクトの一環として、テーマソング『My Hero〜奇跡の唄〜』(読み:マイヒーローキセキノウタ)の楽曲制作および配信が決定。

本テーマソングは、自身が“がん体験者”であり、本プロジェクトにご賛同いただいた坂本龍一氏に楽曲提供を、つんく♂氏に作詞提供をいただき、実現。歌唱には、本年度のライヴに出演する、YU-KI(TRF)、hitomiピコ太郎をはじめ、河村隆⼀、ISSA(DA PUMP)、鈴⽊亜美、持⽥⾹織(Every Little Thing)、倖田來未、⻤⿓院翔(ゴールデンボンバー)、大野雄大&花村想太(from Da-iCE)、 FANTASTICS from EXILE TRIBEなど、総勢21組の豪華アーティストが参加。

小児がんを経験され克服した子供たちを中心とした“LECこども合唱団”(読み:レックコドモガッショウダン)も参加している。

同じ想いのもとに集まった総勢21組の豪華アーティストが、一行ずつ歌い繋いでいくことで奏でるチャリティソング。小児がんを克服した子供たちのコーラスとのハーモニーにより、聴き手に勇気を与える力強い曲になっている。

配信及びCDジャケットは、世界的なポップ・アーティストであり、自身も精力的にチャリティー活動を行っている「ロメロ・ブリット」氏が、本作品のためにオリジナルアートを描き下ろし。

配信は、2月15日(月)より、iTunes Storeをはじめとする各⾳楽配信サービスで決定。尚、本リリースの情報解禁に合わせて、ミュージックビデオのティザー映像も解禁。


チャリティーライヴで集まった寄付金に加え、本テーマソングを通じて得られた収益もチャリティー基金として全額寄付を行なう。楽曲をご視聴頂き、“支援の思い”に共感いただいたより多くの皆様にご協力いただけるよう、クラウドファンディング(A-port、Bridge)やキャッシュレス決済など、あらゆる方法で寄付をいただける体制もご用意。

なお、同日の16時から無観客及び無料・生配信で開催される小児がん治療支援ライヴ「LIVE EMPOWER CHILDREN 2021 supported by Aflac」では、本テーマソングを出演アーティスト全員で初披露する予定。その日だけしか楽しめない、豪華共演を楽しもう。

Empower Childrenでは、今後も小児がんの子供たちとその家族への金銭的、社会的支援を募り、小児がんで苦しむ子供たちの医療ケアの向上に寄与することを目的として様々なチャリティー活動を行っていくとのこと。

■歌唱参加アーティスト(50音順)
ISSA(DA PUMP)、大野雄大&花村想太(from Da-iCE)、尾崎裕哉、河村隆一、⽊⼭裕策、⻤⿓院翔(fromゴールデンボンバー)、KEIKO、倖⽥來未、サンプラザ中野くん、鈴⽊亜美、新羅慎⼆(若旦那)、HIKAKIN & SEIKIN、ピコ太郎、hitomi、Beverly、FANTASTICS from EXILE TRIBE、松浦航大、Miracle Vell Magic、持⽥⾹織(Every Little Thing)、YU-KI(TRF)、YUKA(moumoon)、LECこども合唱団

坂本龍一 コメント

この度、小児がん治療支援のためのテーマソングを書かせていただきました。この曲はお子さんを含め、幅広い年代の人達が簡単に覚えられて、皆んなで歌えるようにと思って作ったものです。僕の曲の中でもそういった曲は非常に珍しくあまりないのですが、そういう意味ではなかなか難しかったです。作詞はつんく♂さんにお願いしました。つんく♂さんとはメールで何度もやり取りをして、詩にあわせてメロディーを変えてみたり、逆にメロディーにあわせて少し詩を変えて頂いたりしました。実はつんく♂さんとコラボレーションするのは初めてなんですが、とてもスムーズに共同作業が出来たと思います。この曲を通して少しでも多くの方に小児がんのことを知って頂けること、そして支援の輪が広がっていくことを願っています。

つんく♂ コメント

子供が、未来を作ります。彼らが元気であれば、世界も元気になるはずです。そんな想いを込め、坂本龍一さんと一緒に音楽を作りました。とてもうれしく、誇りに感じております。坂本さんと共作が決まり、改めて考えました。我が子のこと、自分の病気のこと。コロナと闘う世の中を見ながら、そんな中でもがんや生まれつきのハンデキャップや病気と闘っている闘病者がいるという事実があること。溢れてきた想いを歌詞にしたためました。子育てしてきて、そして芸能界の中でキッズを育成してきて、今思うことは、彼らに必要以上のことを望んでしまっているな、ということ。笑って無邪気にはしゃいでいる姿を見せてくれるだけで十分幸せなのに、「もっと出来る!」「もっと他に!」と、より多くをね。この世の未来を支える世界中の子供たちの「笑顔」や「頑張り」に敬意を払い、大人が彼らを制限することなく、もっともっと自由な発想で日々を過ごしてほしい。そんな気持ちで本作「My Hero〜奇跡の唄〜」を仕上げました。本プロジェクトに、たくさんの歌手のみなさんが参加くださったこと、心より感謝いたします。チャリティーイベントも開催いたしますので、みなさまからの支援、御援助いただけば幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします!

ロメロ・ブリット コメント

こんにちは、ロメロ・ブリットです。 私はアートを通じて人々を幸せにする ”HAPPY ART MOVEMENT” の創始者です。
そして今回、LIVE EMPOWER CHILDRENのために提供した”Children Of the World”のアートを描いたアーティストです。 このアートが、がんを患って大変な思いをされている子供達やその家族を少しでも励まし、希望を与えられれば嬉しい限りです。そしてこのプロジェクトを通じて経済的な貢献と小児がんのことがもっと広く社会に知れ渡ることを願っております。 日本の私のファンの人たちと近い将来会えることを楽しみにしています。ここマイアミから「さよなら!」そしてまた会いましょう!
沢山の愛を込めて!!

原文
Hi I’m Romero Britto.
I’m the founder of the Happy Art Movement.
I’m also the artist that created the “Children of the World” painting.
And hope with that piece of art, I can empower children and the families who do well going thru this challenges who have cancer.
So, I hope this will raise lots of money and lots of awareness. And I can’t wait to see all my fans in Japan.
And from here in Miami, I say “Sayonara” and I’ll see you soon. Lots of LOVE!!

Rooftop

「奇跡」をもっと詳しく

「奇跡」のニュース

「奇跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ