『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

2月3日(水)16時0分 NEWSポストセブン

肩を組んで歩く平岳大と美女

写真を拡大

 ドラマ『下町ロケット』(TBS系)や『真田丸』(NHK)に出演する注目俳優・平岳大(ひら・たけひろ 41才)が、都内でアラサー美女と“肩組みデート”をしている姿がキャッチされた。


 ここ1年で出演したドラマは11本、映画は3本。『下町ロケット』では主演・阿部寛(51才)に相対する精密機器メーカーの製造部長役を演じ、大河ドラマ『真田丸』では武田勝頼を好演。今いちばん注目の俳優のひとりが、平だ。父は平幹二朗(82才)、母は佐久間良子(76才)。小学4年生の時に両親が離婚して以来、双子の妹と共に佐久間の元で育てられた。俳優デビューは27才と遅咲きだ。


「小さい頃から家族のことで騒がれたため、はじめは俳優という仕事を避けていたんです。高校在学中にアメリカに留学、現地の名門大学を卒業して不動産ファンドの会社などでサラリーマン生活をしていました。でもどうしてもやってみたい気持ちがあったんでしょう、役者への道を進むことに決めました。2002年のデビュー舞台は離婚した両親と共演とあって注目が集まりましたね」(ベテラン芸能記者)


 1月31日。舞台『書く女』の東京公演・千秋楽を終えた平はひとり都内のビストロへ向かった。


「お店ではすごくきれいなアラサー女性と待ち合わせていました。白ワインを飲みながら、豚肉のリエットやチーズの盛り合わせをつまんでいました。“この前の撮影は…”とか、“あの舞台は〜”と、話題はもっぱら演劇論でしたけど、彼女はずっと笑顔で相づちを打っていました。素敵な大人のカップルでしたね」(居合わせた客)


 2時間ほどして席を立つと、彼は女性の腰にそっと手を添えて、店の出口までエスコート。店を出ても、ふたりは離れることなく、寄り添ったまま。細い通りを女性の肩に手を回しながら堂々と歩いていた。途中、近くのスーパーに立ち寄ってから、ふたりは平の自宅マンションへと消えて行った。


※女性セブン2016年2月18日号

NEWSポストセブン

「平岳大」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ